アーティゾン美術館での帰国展に合わせて

美術出版社は2022年のヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表、ダムタイプによる展示の公式図録を2023年2月25日(土)に刊行する。2年に一度開催される現代美術の国際展「ヴェネチア・ビエンナーレ」。2022年の日本館代表として選出されたダムタイプの展示内容を収録した公式図録は、展示風景や図面など豊富なビジュアルやテキストを収録した充実の1冊となっている。adf-web-magazine-official-catalogue-of-the-venice-biennale-1

本書概要

同展示は2023年2月25日から5月14日まで、アーティゾン美術館(東京)での帰国展「ダムタイプ|2022: remap」で体験することができる。​「ダムタイプ」は、アートコレクティブの先駆け的な存在として、1984年より35年に渡って世界のアートシーンで活動。​近年では2018年にポンピドゥー・センター・メッス(フランス)にて、19年に東京都現代美術館にて、個展「アクション + リフレクションを開催。様々な世代によって構成されたメンバーはプロジェクトごとに入れ替えも行いながら、ヴィジュアル・アート、映像、コンピューター・プログラム、音楽、ダンス、デザインなど多様な分野における活動を展開してきた。常に社会を取り巻く環境をリアルに反映しながら、新たな表現を探求し続けている。adf-web-magazine-official-catalogue-of-the-venice-biennale-2

本展示では坂本龍一をメンバーに迎えて制作された新作「2022」を発表。展示風景とともに、この制作プロセスについて、坂本とダムタイプメンバー高谷史郎が語った対談を掲載。さらに、キュレーターのダミアン・レンティーニによるダムタイプの全活動を丁寧に分析した論考、日本館展示のレビュー、そして過去の全活動を網羅した年表も収録した、資料性の高い1冊。​

中面紹介

展示「2022」では、四方に設置されたデバイスからレーザー及び音により、シンプルで普遍的な問いが鑑賞者に投げかけられる。ソーシャル・メディアの進化や、新型コロナウイルスにより大きく変化した現代におけるコミュニケーションや世界を知覚する方法、さらに「Post truth」や「Liminal space」といった概念が重層的に表現されている。adf-web-magazine-official-catalogue-of-the-venice-biennale-3

美術出版社

1905年の創業以来、一貫して良質な美術図書の出版を手がける。『カラー版美術史シリーズ』をはじめとする美術・デザイン・建築などの芸術全般にわたる書籍の出版、美術展のカタログ制作、『美術手帖』『ワイナート』などの定期雑誌、「美術検定」事業のほか、アートと人々をつなぐ多彩な事業を行う。

『ダムタイプ|2022』書籍情報

定価2,800円+税
仕様A4変型 / 72ページ
発売日2023年2月25日(土)
購入こちら

pwa