ポジティブな文脈を表現する作品

NANZUKAはロサンゼルス在住のアメリカ人アーティスト、ヘブル・ブラントリーの新作個展「Traveling Without Moving」を、神宮前NANZUKA UNDERGROUNDで2023年11月18日(土)から12月24日(日)まで開催する。本展では、FLYBOY(フライボーイ)の宇宙への旅を語る一直線上の物語によって紡がれた時代をテーマに、高さ2mを超えるロケットのインスタレーションと、約13点の新作平面作品を発表。また、銀座のMEGUMI OGITA GALLERYでの個展「Still」展とのジョイント企画となり、2つの展覧会がそれぞれのギャラリーにて同時開催される。

adf-web-magazine-nanzuka-underground-hebru-brantley

ヘブル・ブラントリー
Traveling Without Moving

ブラントリーは1960年代から70年代にかけてシカゴのサウスサイドで起こったアフリコブラ運動(AfriCOBRA)に多大な影響を受けており、壁画やグラフィティを、アフリカ系アメリカ人としての自身の系譜と切り離せないものと捉えている。その作品は、アメリカのステレオタイプな従来のヒーロー像や主人公の在り方に対する挑戦であり、鑑賞者に多様な視点を与える現代の物語でもある。キャラクターデザインの方法論を用いながら、多彩な色彩、ポップアート的なモチーフを組み込んだ作風で、郷愁や優しさ、強い精神、力や希望といったポジティブな文脈を表現するブラントリーの作品は、アメリカの人種問題を超えていこうとする若い世代から絶大な支持を集めている。

中でもFLYBOY(フライボーイ)と名付けられた大きなパイロットゴーグルをつけたキャラクターは、第二次世界大戦で戦ったアフリカ系アメリカ人と、米軍史上初のアフリカ系アメリカ人の航空部隊「タスキーギ・エアメン」から由来。「ダーク・フィクション」という大宇宙の探求をテーマにしており、ここでのダークとはアイデンティティ、出自、考え方などを意味し、それらを紡いで一つの物語が構成されます。ブラントリーはこの独自の概念によって、ミッキーマウスやバットマンと並んで存在する規範の中に、英雄の如く空を見上げるキャラクター、FLYBOY(フライボーイ) 生み出した。2021年にMEGUMI OGITA GALLERYにて開催された「Mythos Opus Pt. 1」展、NANZUKA 2Gの「Mythos Opus Pt. 2」展、 3110NZ by LDH kitchenの「Mythos Opus Pt. 3」展に続き、NANZUKA UNDERGROUND における初の個展となる本展を、ブラントリーは「文化的なア イデンティティ、スピリチュアリティ、そして成長(またはその欠如)に関連するムーブメントについて の議論を通した、私の個人的な創造の旅」 だと語る。

ヘブル・ブラントリー

adf-web-magazine-traveling-without-moving-2

photo by Bianca Garcia

シカゴ生まれ、クラーク・アトランタ大学で映画の学士号を取得。デザインやイラストレーションのバックグラウンドを経て、現在はロサンゼルスにて壁画やペインティング、立体作品、インスタレーションまで精力的に創作活動をしている。これまでの主要な展覧会に、個展「Saints & Shepherds」(Fort Wayne Museum of Art, 2021)、「I Wish I Knew (What It Felt Like To Be Free)」(August Wilson Center, 2016)、「Parade Day Rain」(Chicago Cultural Center, 2015)など。

ヘブル・ブラントリー新作個展「Traveling Without Moving」

会場NANZUKA UNDERGROUND
日程2023年11月18日(土)から12月24日(日)まで
URLhttps://bit.ly/3FQYPgF

pwa