トロントから東へ2時間半プリンス・エドワード郡に位置する邸宅

スタジオACが設計したチェリーバレーは、入り組んだ海岸線と急成長するワイン産業が特徴で、風景と場所の感覚は畑と海岸線に集約される。入り口を入ると牧草地のような台地から始まり、すぐに湖岸へと下っていく尾根がある。この継ぎ目は樹冠のすぐ下にあり、尾根によって風を遮られ、樹冠の下側に縁取られた水辺の景色を眺めることができる。

adf-web-magazine-cherry-valley-14

Photo credit: Felix Michaud

家は尾根の中に沈んでおり、再び背後から守られ木々の下を見渡せるようになっている。水辺の大きな窓は海岸の景色を縁取り、草原に面した地面の高さのパノラマ窓は「野原」への見晴らしを提供する。このパノラマビューは見る者を風景の上に置くのではなく、風景の中に没入させ、土、シダ、木、空といった自然の地層を観察することを可能にする。時には垂直面を通して、時には樹冠から差し込む光を思わせる水平面を通して、上空からさらなる光をもたらす。

adf-web-magazine-cherry-valley-13

Waterside
Photo credit: Felix Michaud

adf-web-magazine-cherry-valley-2

Entry
Photo credit: Felix Michaud

adf-web-magazine-cherry-valley-18

Guest Washroom
Photo credit: Felix Michaud

adf-web-magazine-cherry-valley-9

Detail
Photo credit: Felix Michaud

空間構成と配置コンセプトは極めて現代的だが、プロジェクトの形態と素材は、この地域の農耕建築からインスピレーションを得ている。レンガと杉はこの敷地の二面性を表現。煉瓦は丘の中腹に建つ家を支える堅固な壁に使用され、杉の屋根は水辺に面したファサードを包み込み、湖の景色を縁取る木々と対話する。内部はすべてダグラスファーの板で覆われ、外壁はレンガで覆われている。

adf-web-magazine-cherry-valley-15

Main Room
Photo credit: Felix Michaud

adf-web-magazine-cherry-valley-17

Kitchen
Photo credit: Felix Michaud

adf-web-magazine-cherry-valley-1

Dining Detail Photo credit: Felix Michaud

スタジオAC

建築とコラボレーションのためのスタジオは、アンドリュー・ヒルとジェニファー・クドラッツが率いるトロントを拠点とする学際的な建築事務所。2015年に設立されて以来、このプラクティスは数々の賞賛を受け、国際的に数多くの出版物に掲載され、アジュール・マガジンの「新境地を開拓するカナダの建築事務所30社」のリストに含まれている。スタジオACはまた、デザイン・エクスチェンジとRBCによってエマージング・デザイナー・オブ・ザ・イヤー2019に選ばれた。スタジオACは、構想から実現まで、あらゆる段階でクライアント、コンサルタント、請負業者と緊密に連携している。同スタジオは、どのような問題にも無限の可能性があると考え、ユニークで特別なものを創造するために、熱意と傾聴の姿勢をもって各新プロジェクトに取り組んでいる。


pwa