メゾンとアートの間の長年にわたる密接かつ献身的な関係性を象徴

ルイ・ヴィトンが 「アーティーカプシーヌ コレクション」の第5弾を、2023年10月20日(金)から22日(日)までグラン・パレ・エフェメールにて開催される「Paris+ par Art Basel 2023」(アート・バーゼル2023)で発表する。ルイ・ヴィトンのブースは、メゾンの特大のトランクをイメージしたデザインで、外観はルイ・ヴィトンのメンズクリエイティブ・ディレクター ファレル・ウィリアムスのデビューショーとなった2024春夏メンズ・コレクションのランウェイで発表された「カッパー・マル・クリエ(Copper Malle Courrier)」をインスピレーション源としている。ブースの内壁には、創業者ルイ・ヴィトンが1854年に事業をはじめて以来、トランクのパッド入りの内装として施されてきたアイコニックな「マルタージュ」という、洗練されたひし形の格子模様があしらわれている。

adf-web-magazine-louis-vuitton-paris-par-art-basel-1

adf-web-magazine-louis-vuitton-paris-par-art-basel-2

本ブースは、村上隆とのコラボレーションによるバッグやキャンバス、ダミアン・ハーストによるユニークなトラベルトランクのリメイク、スティーブン・スプラウスによるローズ・モチーフをあしらったバッグ「アルマ」など、世界的に著名なアーティストたちによるキュレーション作品を展示するための完璧なショーケースとなっている。その他のオリジナル作品としては、リチャード・プリンスによるペインティング3点、村上隆によるペインティング1点、ヤン・ペイミンによる若き日のルイ・ヴィトンをイメージして描いた円形のポートレート、レフィーク・アナドールが人工知能(AI)を駆使してルイ・ヴィトンを描いた「Finding LV(ルイを見つけて)」などを展示。また、今回初公開となる草間彌生による最新作7点「EVERY DAY I PRAY FOR LOVE(毎日愛について祈っている)」も登場。このフレーズは、2022年の草間とルイ・ヴィトンとの最新コラボレーションの構想中に制作がはじまったこの新シリーズを含め、草間の直近の絵画群の背面に繰り返し記されるようになったもの。

また、「Paris+ par Art Basel」では、今やメゾンのアイコンとなった「アーティーカプシーヌ コレクション」の新作5点も発表される。2019年のコレクション誕生以来、ダニエル・ビュラン、ウルス・フィッシャー、ドナ・フアンカ、ヴィック・ムニーズ、パク・ソボ、シャバララ・セルフ、ケネディ・ヤンコ、ザオ・ザオなど、世界中の著名アーティストたちが、モダンでクラシカルなデザインが魅力のアイコンバッグ「カプシーヌ」を真っ白なキャンバスに見立て、独自のクリエイティブなビジョンを反映させたアート作品を生み出してきた。今回「Paris+ par Art Basel」で展示される5点の新作バッグを手掛けたのは、エヴァ・ユシュケヴィッチ、ライザ・ルー、トゥルシック & ミル、ジピン・ワン、ビリー・ザンゲワ。ここでも、アーティストデザイナーたちの才能やクリエイティビティが、そのビジョンを現実のものにしたメゾンの熟練した職人たちの創意工夫やクラフツマンシップと見事に融合している。

adf-web-magazine-louis-vuitton-paris-par-art-basel-3

adf-web-magazine-louis-vuitton-paris-par-art-basel-4

adf-web-magazine-louis-vuitton-paris-par-art-basel-5

ルイ・ヴィトンは1988年以来、ソル・ルウィット、ジェームス・ローゼンクイスト、セザール、オラファー・エリアソンといったモダンアートやデザイン分野における巨匠たちとのコラボレーションや、世界各地のエスパス ルイ・ヴィトン(東京、ミュンヘン、ヴェネツィア、北京、ソウル、大阪)でのソフィ・カル、ダン・フレイヴィン、アルベルト・ジャコメッティ、ゲルハルト・リヒターといったアーティストたちの展覧会の企画により、このレガシーを受け継いできた。最近では、パリとロンドンに登場した草間彌生の巨大オブジェ、東京での3D動画によるビルボードのほか、バッグ、シューズ、アクセサリー、ラゲージ、フレグランスなどから構成されるカプセル・コレクションを含む2022年の草間彌生とのコラボレーションなど、革新的かつ大規模なグローバルアートプロジェクトを展開。また、2014年、メゾンは、ランドマークとなるフランク・ゲーリー設計のフォンダシオン ルイ・ヴィトンをパリにオープンすることで、モダン&コンテンポラリーアートの真髄を新たな鑑賞者に届けるという継続的な使命を担っている。

アート・バーゼル

1970年にバーゼルの画廊主たちによって創設されたアート・バーゼルは、今では、バーゼル、マイアミビーチ、香港、パリを拠点に、モダンおよびコンテンポラリーアートの世界第一級の美術展を開催している。各展覧会は、主催する都市や地域ごとにユニークなものであり、参加するギャラリー、展示作品、および各回ごとに地元文化施設と共同で制作される併催プログラムの内容に反映される。アート・バーゼルの活動は、アートフェアの枠を超えて、新しいデジタル・プラットフォームや、「アート・バーゼル アンド USBグローバル・アート・マーケット・リポート(The Art Basel and UBS Global Art Market Report)」の「Intersections: The Art Basel Podcast」といった新たなデジタルプラットフォームやイニシアチブを通じて、アートフェアの枠を超えた広がりを見せている。


pwa