「東京フォトグラフィックリサーチ(TPR)」による作品も展示

日本デザイン振興会が運営するギャラリースペースGOOD DESIGN Marunouchiは、丸の内エリアを舞台にした循環型社会への取り組みをデザインとアートを通じて紹介する企画展「サーキュラーシティ丸の内 ゴミ=資源 循環のデザイン」を2022年8月19日から9月20日まで開催する。adf-web-magazine-circulation-design-1

資源から原材料を作り、さまざまな工程を経て作られたプロダクトを消費者の元に届ける一連の流れ「サプライチェーン」。多くの大企業が本社を置き、日本の経済を支える街のひとつ、丸の内エリアでは、「ゴミ=資源」を川上とするもう一つのサプライチェーンをデザインする「サーキュラーシティ丸の内」に取り組み、人やモノをつなげることで、街に新たな持続可能な資源循環を生み出している。本展では、身の回りや社会の課題に対しデザインがどんな未来を描けるのかを考え、実践する場であるGOOD DESIGN Marunouchiが街のデザインハブとして活動する丸の内エリアで取り組まれている8つの実例を可視化することを通して、「ゴミ=資源」の循環デザインを探る。また、アーティストの目線から有楽町の風景を捉え直す「有楽町アートサイトプロジェクト」に取り組んできた東京フォトグラフィックリサーチ(TPR)は、「ごみ」と「資源」の分水嶺に新たな視点をもたらす写真とサウンド作品を展示する。

「サーキュラーシティ丸の内」について

「循環経済(サーキュラーエコノミー)」とは、資源を循環利用し続けながら、新たな付加価値を生み出し続けようとする経済社会システムのこと。大量生産・大量消費を前提し、資源の循環利用を想定しない「線形経済(リニアエコノミー)」の反対概念として位置付けられ、資源の浪費に依存しない持続可能な経済発展に貢献。この循環経済を街レベルで実現しようとしているのが、「丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)」にあるビル約30棟の廃棄物を管理する三菱地所が始めた、循環型社会の実現に向けた取り組み「サーキュラーシティ丸の内」。この取り組みでは、「Reduce(リデュース)」、「Reuse(リユース)」、「Recycle(リサイクル)」の3Rや、シェアリング、アップサイクルを推進し、2030年までに廃棄物再利用率100%を達成し、さらに単位面積あたりの廃棄物排出量を20%削減(2019年度比)することを目指している。

adf-web-magazine-circulation-design-2

人と経済を中心としたさまざまなデータをインフォグラフィックスで表現し、日本の経済を支える街・丸の内エリアの社会生態を紐解く

「丸の内」を「まわるのうち」にする / 上質な「ゴミ=資源」を生み出すデザイン

街の営みのなかで生まれている「ゴミ=資源」の循環を可視化。18分類されている廃棄物の2021年度の廃棄量と再生量を見える化し、その現場を映像で紹介する。

循環のデザイン:8つの事例

丸の内エリアで実際に取り組む8つの実例をモノの展示やグラフィックを通して紹介。
紹介事例:高濃度ニーディング法を用いた無塩素DIP(脱墨)システム / 春江東京リサイクルセンター / RPF(Refuse derived paper and plastics densified Fuel) / バナーフラッグアップサイクル

adf-web-magazine-circulation-design-8

バナーフラッグアップサイクル

adf-web-magazine-circulation-design-13

プラスチック・ビン・カンのリサイクル

adf-web-magazine-circulation-design-4

紙ごみのリサイクル

写真・サウンド作品「FOCUS ON CYCLE」

 東京フォトグラフィックリサーチは、2020年代を迎えた東京を出発点として、「都市の多角的なリサーチ」と「現代写真の実践的な探求」をコンセプトに、未だ見ぬ都市と社会と人びとの姿を可視化することを目的としたアーティスト・コレクティブ。写真家、美術家、メディア・アーティスト、音楽家、建築家、研究者、グラフィックデザイナー、編集者など、広く写真表現に携わる者達との協働によって、アートプロジェクトや展覧会、フィールドリサーチ、コミッションワーク、コラボレーション、国内外の美術大学との共同プログラムなど、多様な活動を展開している。

「サーキュラーシティ丸の内 ゴミ=資源 循環のデザイン」開催概要

会期2022年8月19日から9月20日まで
会場GOOD DESIGN Marunouchi
時間11:00~20:00

pwa