博報堂 戦略CD/ PRディレクターが開発した新しいマーケティングメソッドを紹介。『なぜか「惹かれる企業」の7つのポジション』出版

博報堂の戦略CD/PRディレクターである菅順史が執筆した、『なぜか「惹かれる企業」の7つのポジション―変化の時代を生き残る「ソーシャル・ポジショニング」―』が2021年12月27日に発売される。adf-web-magazine-social-positioning-1

「ソーシャル・ポジショニング」とは、企業を取り巻く環境が急激に変化するなかで、社会から応援される企業になるために著者が開発したマーケティングのメソッド。市場の中で競合と比較したベネフィットを訴求するのではなく、社会の中で独自の役割を示す「ソーシャル・ポジショニング」がこれからのマーケティングの新しい武器になる時代である。本書では「ソーシャル・ポジショニング」を実践するための具体的なフレームを紹介。「社会から応援される企業になるには、どうすればいいのか」「社会から応援されながら、社会を変えたい」と考えている方が、最新のマーケティング手法に触れて、新しい時代のビジネス成長のヒントを得られれば、との思いで書かれた一冊だ。adf-web-magazine-social-positioning-2

目次

はじめに 社会の中に居場所はあるか?

第1章 社会の中に居場所をつくる「ソーシャル・ポジショニング」

  1. 企業の舞台は、「市場」から「社会」へ
  2. 分析の視点は、「3C」から「3S」へ
  3. 「市場」ではなく「社会」の中でポジションをとる

第2章 社会から応援される企業の「7つのポジション」

  1.  応援される企業の法則
  2. 「7つのポジション」で役割を見極める

第3章 「ソーシャル・ポジショニング」を実践する4ステップ

  1. 「ソーシャル・ポジショニング」の実践
  2. ステップ1 「3S分析」
  3. ステップ2 「7つのポジション」の選定
  4. ステップ3 「USV」の言語化
  5. ステップ4 「企業アクション」の実行

第4章 「社会発想」を身につける5つのキーワード

  1. エジソンに学ぶ「社会発想」
  2. 5つのキーワードで学ぶ「社会発想」

第5章 「推し」を社会変革エネルギーへ

  1. 態度なくして、信頼なし
  2. 社会を味方に、社会を変える

あとがきに代えて 「8つ目のポジション」をつくる

菅 順史(かん・のぶひと)プロフィール

博報堂 戦略CD/PRディレクター。1987年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、2010年、株式会社博報堂に入社。「社会発想」を武器にクライアントのコーポレート・コミュニケーションを支援するPR戦略局を経て、2013年に「生活者発想」を掲げる博報堂のフラッグシップシンクタンク・博報堂生活総合研究所へ異動。エスノグラフィーや未来研究に従事。その後、クリエイティブの部門に異動し、現在は生活者エクスペリエンスクリエイティブ局で戦略CD兼PRディレクターとしてコミュニケーション戦略の立案から実施までを統括するほか、新規事業開発などにも携わっている。これまでにACC TOKYO CREATIVITY AWARDSやPRアワードグランプリ、グッドデザイン賞などを受賞。

『なぜか「惹かれる企業」の7つのポジション ―変化の時代を生き残る「ソーシャル・ポジショニング」―』書籍概要

著者菅順史 (博報堂 戦略CD/PRディレクター)
仕様224ページ
定価1,760円(税込)
発売日2021年12月27日
Amazonリンクhttps://amzn.to/3mq4917

pwa