イームズオフィス設立80周年記念の期間限定イベントを新宿伊勢丹にて開催

伊勢丹新宿店では、イベント「Eames Office: 80 Years of Design」を、2021年11月5日(金)から2022年1月5日(水)まで開催する。20世紀のプロダクトデザイン界において大きな影響を与えたデザイナー、チャールズ&レイ・イームズ夫妻によって設立されたイームズオフィスの80周年を記念した期間限定イベントとなっており、限定モデルのアートピースやヴィンテージの展示販売、限定カラーチェアの世界先行販売などが行われる。adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-1

展示販売されるのは、イームズオフィスの長年のパートナーであるハーマンミラー、ヴィトラ、ラベンスバーガーとの最新スペシャルエディション、新パートナーのグローブ、リーボック、アートオブプレイとのコラボレーションアイテムなど。また、これまで販売されたことのない「プライウッドスカルプチャー」の限定モデルといったアートピースや、ヴィンテージ、イームズハウスのユーカリの木を使用したテーブルやスケートボード、ハーマンミラーやヴィトラの先行販売プロダクトに加え、書籍やインテリアグッズ、リーボックとのコラボレーションアイテムなど、先行・限定販売の14アイテムを含む、約90アイテムを一堂に紹介する。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-7

【先行】Plywood sculpture ※店頭展開のみ これまで販売されたことのない、プライウッドスカルプチャーのオブジェ。ニューヨークのMoMAにオリジナルが展示されており、現存するものは2つしかないオブジェだが、本イベントの為にニューエディションとして生産。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-4

【先行】Eames Modular House ※店頭展開のみ 実現しなかったプロジェクトの1つである、イームズモジュラーハウス(1951年)のオブジェ。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-8

【限定】Plywood Mobile (Model A) –Special Version: Natural Birch Veneer 14,300円。1941年にイームズ夫妻がデザインしたモビール。自然の木目をそのまま活かしたナチュラルカラーのAタイプのスペシャルエディション。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-10

Eames Plywood Legsplints ※店頭展開のみ 負傷した兵士たちが使用する添え木を、戦時中にイームズが手がけていた貴重なヴィンテージピース。

会場内は、1941年-2021年までの歴史を振り返るエリア、Art & Technology、Architecture & Interiors、Play & Learnといった構成で、イームズオフィスの80年の歴史とプロダクトの変遷を感じられる空間となる。会期に先駆け、2021年11月3日(水)からは伊勢丹新宿店 本館1階のウィンドウでも商品を展示する。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-5

【先行】Eames Lounge Chair and Ottoman, Natural Leather and White Oak Veneer 1,431,100円 ※店頭展開のみ ハーマンミラーのチェアのスペシャルエディションを世界先行販売にて紹介。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-11

Eames Wire Base Low Table "Eucalyptus" 価格未定 カリフォルニアのイームズハウスに生えているユーカリの木を使用したローテーブル。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-6.jpg

【先行】Puzzle “Eames Classic Designs” 2,200円。ドイツの玩具メーカー、ラベンスバーガ―とのコラボレーションアイテム。イームズのデザインがパズルに落とし込まれている。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-9

Club C “Eames” ×reebok 15,400円。リーボックとのコラボレーションスニーカー。イームズのロゴ、マークの入ったモデル。

イームズオフィスについて

チャールズ&レイ・イームズは、1941年にロサンゼルスでデザイン事務所イームズオフィスを設立し、建築、家具、映像、テキスタイル、玩具、展示デザインなど、さまざまな分野で数多くの名作を生み出した。そうした作品とその作品がもたらす継続的な影響を通して、デザイン哲学、労働倫理、作業プロセスの観点からデザインスタジオの概念を再構築していった。1978年にチャールズが他界し、1988年にレイがこの世を去った後、イームズオフィスはイームズ家の次の世代へと引き継がれ、いまもその使命を果たし続けている。

adf-web-magazine-eames-office-80-years-of-design-2

Charles and Ray in their Richard Neutra-designed Strathmore Apartment, Christmas 1941.

「Eames Office: 80 Years of Design」開催概要

会期2021年11月5日(金)~2022年1月5日(水)
会場伊勢丹新宿店 本館2階 イセタン ザ・スペース
オンラインストアhttps://bit.ly/3ppXwyg(11月5日午前10時~)

sdgs