アート、デザイン、工芸から建築までを網羅する北欧最大級の美術館がノルウェーのオスロにオープン

ノルウェーの国立美術館が、オスロの新しいアートスポットとして生まれ変わった。2022年6月11日にリニューアルオープンする美術館は、古代から近代の美術、現代アート、デザイン・工芸から建築まで網羅する膨大なコレクションを保有。環境に配慮し、年月を経てさらに美しさを増す素材を使用して低層で設計された、重厚で持続可能な建物である。企画展や多彩なイベントをホストできる「ライトホール」、北欧最大の美術図書室やカフェを備え、あらゆる世代の人がアートに親しむことのできる場となっている。adf-web-magazine-national-museum-norway-open-1

北欧地域で最大級となる新しい国立美術館は、これまでオスロ市内に点在していた国立美術館群の4つのミュージアム(近代以前の美術、現代美術、デザイン・工芸、建築)が統合したもので、収蔵品40万点以上、展示エリアは13,000㎡で統合前の合計展示スペースの約2倍、総面積は54,600㎡におよぶ。adf-web-magazine-national-museum-norway-open2

建築家クラウス・シューヴェルクの設計による建物は、奇をてらわず低層で、何世紀にもわたって美術品を収蔵するための堅牢さと持続性を追求している。年月を経ても品格を保つオーク材、ブロンズ、大理石などの素材を使用、ファサード全体はノルウェー産のスレートで覆われている。環境にも最大限の配慮がなされ、現行の建築基準に比べて温室効果ガスの排出を50%以上削減できるように設計されている。adf-web-magazine-national-museum-norway-open3

2フロア、86の展示室にわたるコレクションでは、古代から現代までの美術、建築、デザイン・工芸が網羅され、6,500点以上の作品が展示される。エドヴァルド・ムンクの生涯で最も重要な時期に生み出され、画業の中核をなす貴重な作品群には、新たな「ムンクの部屋」が与えられた。また、最上階に設けられた壮大な企画展示スペース「ライトホール」はじめ、広々とした屋上テラス、カフェ、ショップ、北欧最大の美術図書館も備えており、各施設でさまざまな芸術表現に挑戦できるワークショップや、公開討論会、アーティストトーク、コンサート、上映会などの活気あるプログラムが予定されている。adf-web-magazine-national-museum-norway-open4

adf-web-magazine-national-museum-norway-open5

カリン・ヒンスボー(国立美術館館長)「私たちのビジョンは、あらゆる人がアートにアクセスできるようにすること、そして私たちの生きている時代と社会を反映させることです。これが成功すれば、美術館は社会で最も重要な出会いの場になると信じています」

2022年6月11日のオープニングセレモニーでは、ソニヤ王妃によるテープカットやストーレ首相によるスピーチが行われる。開館記念企画展「I Call It Art」では、ノルウェーの新しいアートを求めて選ばれた、これまでに国立美術館での所蔵歴のない147人の作家による、芸術と社会における包摂と排除に関する議論を喚起する作品を展示する。その後は、ロール・プルーヴォ(2022年11月3日~)、グレイソン・ペリー(2022年11月10日~)、ルイーズ・ブルジョワ(2023年)、フリーダ・カーロ(2024年)そしてマーク・ロスコ(2024年)をフィーチャーする企画展が続く予定だ。

ノルウェー国立美術館 概要

オープン2022年6月11日
営業日時火~日:10:00~21:00(2022年6月3日[月]は開館)
住所Brynjulf Bulls plass 3, 0250, Oslo
公式URLhttps://www.nasjonalmuseet.no/en/

pwa