建築家・小西彦仁が手掛けたラグジュアリー旅館「清寂房」がオープン

ラグジュアリー旅館「全室源泉かけ流し露天風呂付きの宿 清寂房《十勝川モール温泉》」が、2022年8月30日(火)にオープンする。建築設計とインテリアデザインを手掛けたのは、世界的な建築家の小西彦仁。十勝の豊かな自然と、圧倒的な建築とインテリアの調和。世界的なブランドになりつつある北海道にまた新たな最高級ラグジュアリーリゾートが誕生した。

adf-web-magazine-hokkaido-seijyakubow-1

外観イメージ

十勝川モール温泉 清寂房について

十勝の大自然の中に佇む「はなれ」をコンセプトにした客室は、全室に十勝川モール温泉(源泉かけ流し)を引いており、露天風呂付きの静かでプライベートな空間を提供する。全室50平米以上のラグジュアリーなしつらいの客室に加えて、北海道の大地の恵みが育んだ豊かな食材をふんだんに使った食事が用意される。

adf-web-magazine-hokkaido-seijyakubow-2

全室露天風呂付き客室イメージ

adf-web-magazine-hokkaido-seijyakubow-3

創作和会席イメージ

本施設の建築設計とインテリアデザインを手掛けたのは、世界最高峰のiFデザイン賞(ドイツ)、アメリカを代表するアメリカ建築賞、イタリアのバルバラ・カポキン国際建築賞グランプリなどを受賞し、世界的に高い評価を受けている、ヒココニシアーキテクチュア 建築家の小西彦仁。

ここでの空間は低い天井、そして高い天井と繰り返し構成している。

また暗い場所、明るい場所、そして硬い素材柔らかな素材と空間に奥行きと減り張りを与えている。

そのことにより心地よい空気が流れる。

大切にしたのは「真行草」の精神である。二つの間にある「間」は人の心を和らげ、ここで過ごす時間を充実させるはずである。

その空間で味あう湯と食がさらに彩をましてくれるものと思う。

唯一無二の癒しの場所、それが「清寂房」である。

-建築家 小西彦仁

 

「清寂房」施設概要

住所北海道河東郡音更町十勝川温泉南16丁目1番地19
開業2022年8月30日(火)
料金1泊50,000円/人~
ウェブサイトhttps://seijyakubow.jp/

pwa