ルイ・ヴィトン × NPO(RED)のコラボレーション第2弾 -「Louis Vuitton I (RED) トレイナー」

ルイ・ヴィトンは、U2のボノと国際NGOであるDATAのボビー・シュライバーが発起人となり、エイズ対策に取組むために2006年に設立されたNPO(RED)とのコラボレーションアイテム第2弾を発表。「Louis Vuitton I (RED) トレイナー」の販売を通じて(RED)の活動を支援を行う。「Louis Vuitton I (RED) トレイナー」を1点購入するごとに、200ドルが、(RED)の活動を支援するために「グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)」に寄付される。

adf-web-magazine-louis-vuitton-red-trainner

adf-web-magazine-louis-vuitton-red-trainner-1

「LVトレイナー」は、ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトン メンズアーティスティック・ディレクターとして初めて手掛けた2019春夏ショーで登場して以来、現在までルイ・ヴィトンを象徴するスニーカー。どことなく懐かしさを感じさせるシルエットに、バスケットボールシューズから着想を得たラインがアクセントとなったイタリア製の「Louis Vuitton I (RED) トレイナー」は、ホワイトのレザーにモノグラム・モチーフをエンボス加工でデザインし、パイピングとディテールにレッドカラーを採用。ソールには、モノグラム・フラワーをあしらいデザインのアクセントになる。

「Louis Vuitton I (RED) トレイナー」は、2020年12月1日(火)よりヨーロッパおよびアメリカでの発売を皮切りに、順次世界各地のルイ・ヴィトン ストアにて展開予定(日本発売未定)。

(RED)®について

(RED)は、非常事態を表す色である「赤」にちなんで名付けられた(RED)は、企業と消費者の力を結集して、人類の健康を脅かす最大の緊急事態の1つであるエイズ対策に取組むために2006年に設立された。現在、新型コロナウイルスの蔓延によりエイズ対策の進行が遅れるという脅威の中で、(RED)は、アイコニックな国際ブランドをパートナーに迎え、(RED)という共通ブランドを掲げた製品/サービスの開発・販売を通じて「グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)」の資金集めに貢献することにより、エイズと新型コロナウイルスという2つの深刻な感染症のパンデミックと戦っている。

 (RED)はこれまでに、主としてエスワティニ、ガーナ、ケニア、レソト、ルワンダ、南アフリカ、タンザニア、ザンビアにおけるHIV / エイズ対策支援のために、「グローバルファンド」への寄付金として6億5,000万ドル以上を集めてきた。この集められた寄付金は、管理費を差引かれることなく寄付金の100%が現場での活動に充てられる。