ポストコロナの世界のためのデザイン白書『DesignTech for Future』の日本語版が公開

イタリア、ミラノのデザインコレクティブDesignTechにより、ポストコロナの世界を形作るデザインについて取りまとめた白書『DesignTech for Future』がリリースされました。ザハ・ハディド・アーキテクツ(Zaha Hadid Architects)、PwCなど世界的な建築・デザイン事務所、コンサルティング会社が参加しております。このたび、青山デザインフォーラム(ADF)はDesginTechとのコラボレーションのもと、本白書の日本語版を公開しました。adf-web-magazine-designtech-deigtech-for-future

新型コロナウイルス感染症の拡大により、我々を取り巻く環境は様変わりし、都市が抱える深刻な問題が露呈しました。この歴史的な局面を乗り越えるため、今まさに、我々の社会生活や生活空間における新たなガイドラインが必要とされています。この白書では、ポストコロナの世界とどのように向き合っていくべきか、具体策を16のカテゴリーに分けて示すことで、住みよい世界、共生できる世界とは何なのかを問いかけるものとなっております。

新型コロナウイルス感染症の拡大の数ヶ月の間に、DesignTechは、社会生活のための新しいガイドライン、すなわち、私たちが生活する空間のための新しいモデル、都市、つながり、そして明日のライフスタイルを定義する新しい人生目的のための具体的なインスピレーションを提案し、新たなスタートのための政策文書を社会に提案するために、この分野で最も重要なプレーヤーを集めました。

パンデミックにより、都市の重要な問題と限界が、時には劇的な形で表面化しました。インフラ、建築、環境、ライフスタイルは、時代遅れのモデルによって導かれてきた。DesignTechは今こそ、私たちが住みたい、大切にしたい新しい世界のイメージを描くための歴史的瞬間だと考えています。それは、まるでウイルスが旧世界の「プラグを抜いた」かのようであり、今は新しい世界の「スタートアップ」から再出発する機会であると言えるのではないでしょうか。

この白書は、この分野でもオープンイノベーションの計画、研究への投資、およびダイナミクスの活性化の重要性に注意を喚起することを目的として、各機関や市場運営者に呼びかけています。また、人間と環境を中心に据えた革新的で持続可能な対策の社会的、経済的、環境的影響を強調しています。

白書では、イタリア国内外の建築・設計事務所、ホスピタリティ、教育、ヘルスケアビジネスなどの企業や専門家からなるデザインフォースからの寄稿を取りまとめております。これらのデザインフォースによる貢献と技術革新が組み合わさることによって、短期的には健康危機の克服と日常生活の改善が進み、中長期的には経済の再開が可能となるではないでしょうか。

組織、ビジネス、不動産、建設業界との絶え間ないオープンな対話を活性化し、「新しい現実」を構築するために取り組むべき設計上の問題を明確に特定することで、日常が流れるさまざまな空間が構築されていくことが期待されます。


sdgs