メタフォーム アーキテクトによる"メビウスの帯"がインスピレーションのプロジェクト

パビリオンデザインには、ルクセンブルクの過去、現在、未来の真の反映を伝えながら国の価値観を提示したい、というメタフォーム アーキテクトの願いがこめられている。それは小さいながらも野心的で、興味深く、かつ安心感があり、とりわけ寛大でオープンな国のイメージだ。このメビウスの帯、つまり始まりも終わりもないねじれた単一の表面と無限を象徴する、そして何よりも、サーキュラーエコノミーと多様性が1つに統合された"ループ"以上に、今回のテーマに適したインスピレーションがあるだろうか。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-1.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

最大の課題の1つは、訪問者がすばやく通過するための適切なフローを見つけることだった。メインのウォーキングストリートとパビリオンの間にセットバックを設け、空間と距離が全体の明確な認識を提供できるようにした。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-3.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

訪問者の体験が行列から始まることを考え、メタフォームは歓迎のレッドカーペットとしてスロープを設計した。外部と内部の境界を曖昧にする連続した道に沿って人々は案内されていく。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-15.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

ユーザーエクスペリエンス、舞台美術、建築をどのように統合するか

人々を展示会と融合させるという使命において舞台美術と建築は補完的だ。教訓的でインタラクティブ、そして直感的な方法でさまざまな投影とアニメーションが国とその人々を表示する。最上部の2階での経験のために、最初から最後まで画像の連続的な流れを作成した。リボンは表現の手段として、床、壁、天井が交互に並ぶ多層の舞台美術キャンバスになっている。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-17.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-19.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

1階には後ろからアクセスできる収納エリア、トイレ、VIPスイート、中央エリアが見える管理ユニットがある。オープンキッチンのあるレストランや、正面を向いたギフトショップもある。メインランプから直接アクセスできる1階は多機能スペースだ。コンサート、レセプション、会議ができるよう、サイドドアは閉じたまま、スロープは混乱を引き起こすことなく訪問者を案内できる。一時的な展示会を主催する際には、ドアは障壁として機能し、屋内空間は流れの直感的な部分になる。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-6.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

最上階の2階は宇宙をテーマにしている。再び 地球に降り立つため、絵のように美しい緑のパティオを滑り降りる、という楽しく遊び心のある方法で旅が終わる。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-9.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-7.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-8.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

下から上への旅は継続的だが、絶えず変化している。内側と外側の保護スキンの間を移動している間、同時に出入りする感覚が優勢です。空間の比率は絶えず変化し、その非常に特別でユニークな風景のためにルクセンブルク市の同様の知覚の変化にうなずきます。さまざまな並列視覚接続が、さまざまなレベルで、さまざまな段階を通じて作成される。雰囲気と気分は瞬時に変化し、この国についてもっと知りたいという好奇心をかき立てるだろう。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-18.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

要件の1つは、70%の再利用またはリサイクルされた材料を使用してプロジェクトを完了することだった。これをメタフォームは鉄骨構造を選択することでクリアした。ガラス繊維膜は通常リサイクルが困難だが、条件に同意した生産者によって再利用できる形が実現した。

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-11.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

adf-web-magazine-luxembourg-pavilion-metaform-architects-worldexpo-dubai-14.jpg

Photo credit: Steve Troes Fotodesign

メタフォーム アーキテクトについて

2003年に設立され、ルクセンブルクとドバイの両方の中心部にオフィスを構え、国内外で活動している。現在は、Shahram Agaajani、Thierry Cruchten、およびG.GKirchnerによって管理され、40人を超える協力者からなる学際的なチームで構成されている。その補完的な芸術的精神は、会社の生活とプロジェクトのためのフレームワークを提供している。ドバイでのエキスポ2020でのルクセンブルグパビリオンの創設やルクセンブルグの競輪場などで果たした重要な成果は、同社のノウハウと専門知識を証明している。


sdgs