壁紙デザインのリレー企画に建築家やグラフィックデザイナーが参加

壁紙ブランド 「WhO(フー)」は、クリエイターからクリエイターへ紹介によってバトンをつなぎ、壁紙をデザイン、商品化していくリレー企画「CREATORS CIRCLE」をスタートする。立体表現、映像表現、プロダクトデザインなど様々な分野のクリエイターが参加することを考え、企画を通してインテリア空間への新たな壁紙の創出を目的としている。adf-web-magazine-creators-circle-2

企画のトップバッターは、「TAKAIYAMA inc.」を主催するグラフィックデザイナーの山野英之、「一級建築士事務所 大西麻貴+百田有希 / o+h」の大西麻貴、京都を拠点に活動するグラフィックデザイナーの三重野龍の3名。各々のリリースは2020年内を予定している。その後は、各クリエイターの紹介により新たな参画者が決定し、企画全体としては年間で20~30点程度の商品化を目指している。

企画概要

参加対象者

クリエイター。プロ、フリーランス、会社勤務、事務所所属( 副業可)など職業形態は不問。平面表現に限らず、立体表現、建築家、音楽家、プロダクトデザイナーなど分野も不問。

企画進行

3 名から企画をスタートさせ、それぞれ新しいクリエイターを紹介。3つの軸(下記)で運営。

CREATORS CIRCLEの心得

1.「自らが欲しいと思えるものか?」
壁紙によってどのような空間を演出したいか、自らの生活空間に存在して欲しい壁紙を検討する。

2.「既存の概念に捉われていないか?」
WhO はクリエイターの視点を尊重。より良い空間を目指して、新しい表現に取り組むこと。

3.「楽しんで制作できているか?」
今回の企画は、特にテーマ、モチーフなど規定を設けず、クリエイターが壁紙について考え、楽しんで関わってもらうことを目的としている。

デザインの展開・販売

本企画によって生み出されたデザインは、WhOのラインナップ「CREATORS」内の「CREATORS CIRCLE」として展開、販売される。

クリエイター紹介

山野英之(やまの ひでゆき)

グラフィックデザイナー。奈良県生まれ。京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。2009年、デザイン事務所 TAKAIYAMA inc.( 高い山株式会社)設立。書籍、広告、ブランドデザイン、建築サインなど、平面から空間まで、グラフィックデザインを軸に活動。個人の制作として「クソバッジ」「B.C.G」「YAMANOMAX」「UHS-α」など。adf-web-magazine-creators-circle-5

大西麻貴(おおにし まき)

建築家。百田有希と一級建築事務所大西麻貴+百田有希/o+hを主宰。公共建築から住宅、店舗やまちづくりまで、様々なプロジェクトに取り組む。主な作品に「二重螺旋の家」「Good Job! Center KASHIBA」など。著書に『大西麻貴+百田有希/o+h|8stories(現代建築家コンセプト・シリーズ)』(LIXIL出版)。adf-web-magazine-creators-circle-4

三重野龍(みえの りゅう)

1988年兵庫県生まれ。2011年京都精華大学グラフィックデザインコース卒業。大学卒業後、京都にてフリーのグラフィックデザイナーとして活動開始。美術や舞台作品の広報物デザインを中心に、ロゴやグッズなど、文字を軸にしたグラフィック制作を実践。adf-web-magazine-creators-circle-3


pwa