スマートシティのエンジニアリングと建設サービス市場は2030年に4530億7000万米ドルに達する

ASTUTE ANALYTICAが2022年2月21日に発表した最新レポートによると、世界的に建設業が急成長していることから、インフラ部門が最大のシェアを占めている。ソフトウェア分野は予測期間中に最も高い成長率を予見していると推定される。スマートシティのエンジニアリングと建設サービスの世界市場は2030年までに4,530億7,000万ドルに達すると予測され、同市場は予測期間中に16.5%の年平均成長率で拡大すると予測されている。adf-web-magazine-smart_cities_engineering

スマートシティのエンジニアリングおよび建設サービスは、スマートシティの開発および構築に使用され、この市場はスマートシティにおけるコネクテッドテクノロジーやスマートテクノロジーの採用の増加、スマートシティを推進する政府の有利なイニシアティブ、公共安全や交通におけるデジタル化の進展などが主な要因となっている。しかしスマートシティに関連するセキュリティの懸念は、市場成長のマイナス要因となることが予想され、さらにこれらのサービスに関連する高コストも市場成長の妨げになると予想されている。

公共安全や交通機関においてデジタル化が進む

交通機関や公共安全サービスにおけるデジタル化ツールの利用が増加していることが市場の成長を押し上げると推定されている。スマートセンサーは交通の流れを改善するだけでなく輸送効率を向上させるために使用され、スマートシティのE&Cサービスを利用することでデジタルイノベーションによる持続可能な利益だけでなく効率性の向上も期待できる。これらのイノベーションは公共サービスを提供するための新しい方法を提供し、遊休資源や余剰資源の利用を最適化することができ、さらにこれらの都市の観光セクターはシームレスな輸送など普及管理の改善から恩恵を受けることができる。またスマートグリッドを交通システムや家庭用機器に接続することでエネルギーの供給と需要をより効率的に管理することができる。したがって公共安全や輸送におけるデジタル化の進展は市場の成長を後押しすると予想される。

スマートシティを推進する政府の取り組みが活発化

政府の様々な取り組みと官民パートナーシップが市場の成長を後押ししている。例えば中国では公共空間や都市の管理を支援するために、計測機器や埋め込みセンサーなどの監視技術と人工知能解析やビッグデータ処理を組み合わせたさまざまなスマートシティの取り組みが行われている。2020年現在、中国では約800のスマートシティパイロットプログラムが計画・進行中で、これは全世界のスマートシティの約半分に相当する。このような取り組みが予測期間中の市場成長を後押しすると予想されている。

地域別分析

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、南米に区分され、アジア太平洋地域は34%以上の最大の市場シェアを占めており、またデジタルインフラ開発への注目が高まっていること、インドや中国などの経済発展が著しい国が存在し政府がスマートシティ開発に多額の投資を行っていることから、最も速い成長率で成長すると予想されエンジニアリングおよび建設サービスにも弾みがついている。北米地域はICTインフラが整備されており、著名なテクノロジーベンダーが存在することから第2位のシェアを獲得している。また同地域には様々な国際的な協議会が存在することも市場の成長を後押しすると予想される。

Astute Analytica / アスティート・アナリティカについて

Astute Analyticaはグローバルな分析・アドバイザリー会社であり、具体的な成果により短期間で確固たる評価を得てきた。他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持ち、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野での世界各地の顧客リストがある。複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析している。


pwa