BRUTUS 1,000号特別企画

三越伊勢丹マガジンハウスが発刊するカルチャー誌「BRUTUS(ブルータス)」の通巻1,000号を記念して、「ISETAN SALONE (イセタンサローネ)」において「あしたのベストバイ」のPOP UPをイセタンサローネ六本木で2024年1月17日(水)から1月23日(火)まで開催する。本企画では「BRUTUS」にゆかりのあるクリエイターが企画したオリジナル商品や「BRUTUS」と「ISETAN」の商品企画に賛同したクリエイターとの別注商品を、受注生産・数量限定で展開する。adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-8

参画クリエイター

有永浩太 / 内田洋一朗 / 大貫達正 / 大丸隆平 / 加賀美健 / 隈研吾 / 鈴木マサル / TOSHIKI / nendo / Nozomi Yuasa / 坂内拓 / 氷室友里 / 藤井隆行 / 山本昇平 / YURIE / 吉田健太郎 / YOSHIROTTEN

BRUTUSのロゴを手掛けた堀内誠一の紹介・BRUTUSのアーカイブ展示

BRUTUS通巻1,000号を記念して、同誌のロゴを手がけ、創刊号から1987年に54歳で早逝するまでアートディレクターを務めた伊勢丹企画部宣伝課出身の堀内誠一を紹介。堀内は現在も読み継がれている絵本作家でもある。歴代のBRUTUS表紙の展示とバックナンバーの一部を観ることが出来る。adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-1

実施背景

「NEW PERSPECTIVE FOR ALL 新たな視点を求める、すべての人に」を掲げる「BRUTUS」と、「暮らしを豊かにする“特別な”百貨店を中核とした小売グループ」を目指す「三越伊勢丹」の高感度上質MD開発が一致し、商品企画を昨秋より始動。1,000号記念でオープンする「あしたのベストバイ」に賛同しマガジンハウスが販売主体を担うオンラインショップ「Limited by ISETAN」にて商品供給が実現。「見て、触れられる」場所として、イセタンサローネでの展開に至る。

展開する商品一部

数量限定:藤井隆行 × マルニ木工がリノベーションした1950年代デッキチェア
adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-5

「オアシス」275,000円

受注生産:nendo × マルニ木工
adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-2

shoe-horn Limited Edition 39,600円

1点限り:内田洋一朗 × FRITZ HANSEN
adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-3

SERIES 3300™ 2seater Limited Edition 2,200,000円

受注生産:鈴木マサル × カリモク家具
adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-4

Ra bird 24,970円

受注生産:加賀美健 × UNKNOWN PRODUCTS
adf-web-magazine-brutus-isetan-salon-6

Leather Paper Bag 30,800円

「BRUTUS」

1980年創刊、ポップカルチャー / ライフスタイルの総合誌。毎月1日・15日発売の月2回刊。毎号1つのテーマを掘り下げる「特集主義」を掲げ、本・映画・ファッション・インテリア・食・旅・アート・人物・街・エンタメなど、幅広いジャンルを独自の視点で紹介している。2024年通巻1,000号を迎える1月11日発売号の特集は「人生最高のお買いもの」。

あしたのベストバイマーケット

誰かにとって、いつか「人生最高のお買いもの」と振り返られるような買いものができるマーケットプレイスを、ネットショップ作成サービス「BASE」と一緒に開設。

ISETAN SALONE

伊勢丹新宿店が凝縮したラグジュリアスなセレクトストア。衣・食・住のライフスタイル提案をするほか、プロモーションスペースで話題のコンテンツを紹介する1階、ラグジュアリーメゾンから新進気鋭の若手デザイナーのファッションアイテム、化粧品などをご紹介する2階の2フロア構成。サロンのような特別な空間で買い物を楽しむことができる。

「あしたのベストバイ」POP UP開催概要

会期2024年1月17日(水)から1月23日(火)まで
場所イセタンサローネ六本木 東京ミッドタウン・ガレリア1階