注目の現代アート作品をバーチャル空間で楽しむ。テレビ番組「アルスくんとテクネちゃん」の世界が宮下公園のバーチャル空間に再現

大日本印刷(DNP)と渋谷未来デザイン、渋谷区立宮下公園の指定管理者の宮下公園パートナーズの3者が、現実の宮下公園を仮想(バーチャル)空間上に高精細に表現した「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)」に、テレビ朝日の新感覚アート番組『アルスくんとテクネちゃん』の世界が再現される。「アルスくんとテクネちゃん パラレル・アートパーク」と題したバーチャルミュージアムは、2021年10月20日(水)から2022年3月31日(木)まで開催される。番組で紹介した注目の現代アート作家の作品を、宮下公園のバーチャル空間に展示し、パブリックスペースを活用した新たな鑑賞体験、アートのさらなる可能性を発信していく。adf-web-magazine-miyashita-park-parallell-city-1

「アルスくんとテクネちゃん パラレル・アートパーク」の概要

本展覧会の利用者は、バーチャル空間で自身の分身となるアバターとして、番組のナビゲーター「アルスくん」または「テクネちゃん」のいずれかを選んで、無料で自由に鑑賞できる。バーチャル空間では、ボイスチャットに参加できるほか、本展覧会限定デザインのスタンプで自身の感情を表現できるなど、友人と一緒に鑑賞しながらコミュニケーションを楽しむこともできる。また、期間中には、バーチャル空間で、「アルスくんとテクネちゃん」の番組オリジナルグッズを購入できる。

adf-web-magazine-miyashita-park-parallell-city-2

藤倉麻子:庭石が配置につく

テレビ番組の世界観を渋谷区立宮下公園のバーチャル空間に再現

テレビ朝日のアート番組『アルスくんとテクネちゃん』の世界を忠実に再現し、番組で音声ガイド(ナレーション)を務めているバーチャルシンガー・花譜のオリジナル音声で、展覧会の概要や各作家の作品紹介を聴くことができる。バーチャル空間の中でテレビ番組の世界に入り込み、新しいコミュニケーションを体験できるイベントとなっている。

adf-web-magazine-miyashita-park-parallell-city-5

バーチャルシンガー・ 花譜

バーチャル空間ならではの手法で個性溢れる現代アート作家の作品を展示

今回の展覧会に参加しているのは、アーティスト・藤倉麻子、画家・横山奈美、美術家・吉野ももの3名。バーチャルならではの表現方法やギミックを活かした手法で、個性溢れる作品の数々を展示する。3名のアーティストによって彩られた、今までに見たことのない新しい宮下公園の風景を楽しむことができる。

adf-web-magazine-miyashita-park-parallell-city-3

横山奈美:LOVE

渋谷のイベントと連携し、「バーチャル公園」と「アート」の魅力を発信

渋谷区と渋谷未来デザインが企画し、2021年11月5日(金)から14日(日)の期間に開催する「SOCIAL INNNOVATION WEEK 2021」と連携して、アートやスポーツに関連したパネリストを迎え、公園のバーチャル空間の活用を考えるトークセッション等を開催する予定。また、「SHIBUYA CULTURE CONNECT」をコンセプトテーマに、アートの可能性で人と人、過去と今、場所と場所、文化と未来など、様々なつながりを感じてもらうアート作品、プログラム、テクノロジー体験などが集まった「渋谷芸術祭2021〜SHIBUYA ART SCRAMBLE〜」とも連携し、「都市とバーチャルをつなげる」をテーマとして出展する。コロナ禍でリアルの空間で人々が一同に集まってアートを楽しむことが難しいなか、XR(Extended Reality)技術を活用して、芸術祭を楽しむ生活者をつなげ、アートの新たな魅力を発信する。

adf-web-magazine-miyashita-park-parallell-city-4

吉野もも: (手前)「壁の隙間 #3 Sukima on the Wall #3 」(奥)「それはつづいていく  it keeps going on」


sdgs