テーマ: RE:VIEW 日本橋を再考察し、再定義する。

東京クリエイティブサロン日本橋2022実行委員会は、国内最大級のファッション・アートイベント「東京クリエイティブサロン2022」のなかで、「東京クリエイティブサロン日本橋2022」を2022年3月18日(金)から3月31日(木)まで日本橋エリアで開催する。「東京クリエイティブサロン日本橋2022」は、『RE:VIEW 日本橋を再考察し、再定義する。』をテーマに、日本橋の見えざる新たな価値を合計13名のクリエイター・アーティストによって表現し、アートなどの展示を4箇所11点で展示を行う。

adf-web-magazine-tokyo-creative-salon-2022-nihonbashi

【1】日本橋を再考察・再定義する「RE:VIEW ArtWall PROJECT」

文化2年(1805年)頃、江戸時代の日本橋の「熈き(かがやき)」を後世に伝えるために描かれた「熈代勝覧(きだいしょうらん)」という作者不明の絵巻物がある。このプロジェクトはかつて名もなきアーティストが日本橋の「熈き」を描いたように、10名のアーティストが工事中の仮囲いや地下歩道、アートホテルを舞台に日本橋を再考察し、アートを切り口に再定義し、現代の日本橋の「熈き」を世の中に発信していくものである。

adf-web-magazine-tokyo-creative-salon-2022-nihonbashi-4

adf-web-magazine-tokyo-creative-salon-2022-nihonbashi-art

adf-web-magazine-tokyo-creative-salon-2022-nihonbashi-2

【2】「仮囲い」の手法を用いた新しいボックス建築「A_BOX」

都市に空間をつくりあげるとき、まず“囲い”をつくることから場づくりは始まる。これからできる空間への期待感を象徴するモチーフとして「仮囲い」の手法を用い、 新しいボックス建築に挑戦した。

adf-web-magazine-tokyo-creative-salon-2022-nihonbashi-3

開催概要:「東京クリエイティブサロン日本橋2022」

テーマRE:VIEW 日本橋を再考察し、再定義する。
開催期間2022年3月18日(金)~3月31日(木)
開催エリアコレド室町テラス大屋根広場他
主催東京クリエイティブサロン日本橋2022実行委員会
代表企業:三井不動産株式会社

pwa