「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に炎を描いたアート新作《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と《憑依する炎》が登場

アート集団チームラボによる、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」に炎を描いた2つのアート作品《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎》と《憑依する炎》が2021年4月7日(水)から登場。燃焼によって発生する光や熱の現象である「炎」を、燃焼する気体の分子の動きによって描いた線の集合体として表現。また、4月30日(金)までは、季節とともに移ろう作品が、春限定で桜の景色になる。巨大なドーム空間では空間いっぱいに桜が咲き渡り、来場者がはだしになって水の中を歩く作品では無限に広がる水面に桜の花びらが舞い散る。

adf-web-magazine-teamlab-planets-tokyo

《空から噴き落ちる、地上に憑依する炎 / Universe of Fire Particles Falling From the Sky》 teamLab, 2021, Interactive Digital Installation, W6000mm D6000mm H15000mm, Sound: Hideaki Takahashi

adf-web-magazine-teamlab-planets-tokyo-1

adf-web-magazine-teamlab-planets-tokyo-2

《憑依する炎 / Universe of Fire Particles》 teamLab, 2021, Digital Installation, Continuous Loop, Sound: Hideaki Takahashi

炎は、燃焼することによって発生する光や熱の現象であり、物質ではなく、燃焼と呼ばれる化学反応を見る時の私たちの感覚的な経験である。人々は、感覚的な経験である炎をひとつの物体のように認識し、時にはそこに生命を感じる。燃焼する気体の分子の動きによって、空間上に線を描く。そして、その線の集合で炎を描いている。その線の集合体を、チームラボが考える「超主観空間」によって平面化し、炎を描いている。人々が作品の上に立つと、黒い絶対的な存在が生まれ、炎の形が変化していく。作品は、人々のふるまいに影響を受けながら、永遠に変化し続ける。

チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com概要

所在地東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間3月31日(水)まで:10:00〜18:00
4月1日(木)から4月23日(金)まで:平日10:00〜18:00 土日祝9:00〜19:00
4月24日(土)から5月9日(日)まで:9:00〜19:00
*最終入場は閉館の30分前
休館日4月6日(火)
URLhttps://planets.teamlab.art/tokyo/jp/

pwa