作品のQRコードから街をまるごとミュージアムショップにする新たなショッピング体験

ヘラルボニーと東急が運営する壁面広告事業ROADCASTは、2020年12月10日より、渋谷・銀座・表参道などROADCASTの壁面に知的障害のあるアーティストの作品を掲出するWall Art MUSEUM STOREを開始する。掲出された作品の横に付随するQRコードを読み込むと専用サイトに繋がり、掲出作品を落としこんだアートプロダクトが購入できるという、街をまるごとミュージアムショップと見立てた新しい壁面の活用となる。

adf-web-magazine-heralbony-wall-art-museum-store

知的障害のあるアーティストの作品をモノ・コト・バショに落とし込むヘラルボニーと、未利用壁面をアート広告として活用する東急のROADCASTのコラボレーションにより、街をまるごとミュージアムショップにする新たなショッピング体験となる。未稼働時の壁面広告で、アート作品を掲出することで、壁面には常にウォールアートが展開され、街の活性化に繋げる取り組みともなる。12月10日のスタート時には、渋谷区、新宿区、中央区、港区の4区内で計約40カ所の壁面で作品の掲出を行い、今後も順次展示箇所を増やしていく。購入された作品の売上の一部は、知的障害のあるアーティストにバックされ、未利用の壁面を活用し、街を彩りながら、新しいショッピング体験に挑戦する実験的なプロジェクトとなる。

adf-web-magazine-heralbony-wall-art-museum-store-1

adf-web-magazine-heralbony-wall-art-museum-store-2

adf-web-magazine-heralbony-wall-art-museum-store-4

参加アーティスト

アートライフブランド「HERALBONY」のプロダクトに作品が使用されている10名のアーティストから、全19作品を掲出。

  • るんびにい美術館(岩手県花巻市): 小林覚、佐々木早苗、冨澤富士子、八重樫季良、八重樫道代
  • unico / はじまりの美術館(福島県猪苗代町): 土屋康一
  • 自然生クラブ(茨城県つくば市): 高田祐、坂本大知
adf-web-magazine-heralbony-wall-art-museum-store-3

掲出予定作品(一例)

Wall Art MUSEUM STORE 開催概要

期間2020年12月10日(木)~(約1年間) 
※時期によって、掲出場所が変化
掲出場所渋谷、原宿、表参道、銀座、六本木地域の未稼働広告約40箇所
URLhttps://www.heralbony.com/

pwa