2akvLXYlfeA

HWスタジオによる丘の下のタイムレスな隠れ家

このプロジェクトは、クライアントが駆け込み寺のように世間から切り離され、保護される場所を作成することだった。インスピレーションは、人はどうすれば保護されていると感じられるのか?人が脆弱だと感じたとき、何が求められるだろうか?この質問には、画像、または記憶が伴った。例えば怯えた子供が、軽いシーツで身を覆って様子を伺っている姿だ。隠れながらも、自分の周りで何が起こっているのかは覗き見できる、という状況。ベッドシーツを自分の上に引っ張ることは、自己の最も基本的な部分をほのめかす非常に基本的な行為だ。シーツは部屋を取り巻く可能性のある幽霊や悪魔、精神を遠ざけるのに十分なほど安全で親密な空間をその下に作成し、保護し、包みこむ。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-1.jpg

Area Photo
Photo credit: Dane Alonso

HWスタジオは、周りの美しい景色に持続性を生み出し、すでに存在する多くの自然に囲まれた新しい丘を形成した。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-3.jpg

South facade
Photo credit: Dane Alonso

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-4.jpg

North facade
Photo credit: Dane Alonso

アーキテクチャは、コンマや疑問符など、詩の単語のアクセントのようなものだが、詩自体にはならない。詩はすでに松、オーク、キンゴウカン、ホタル、道路、柵、隣人の井戸、地球、果樹園によって描かれている。4つのコンクリートの壁がそれら詩のアクセントになり、風景から驚異的に浮かび上がっている。2つの壁がベッドシーツを上げることによって作成された新しい丘の土地を担い、他の2つはゲストを家に連れて行くときのアクセスをフレーミングしている。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-5.jpg

North Facade
Photo credit: Dane Alonso

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-7.jpg

Access hall
Photo credit: Dane Alonso

道は一人で快適に歩くのに十分な広さでありながら、連れ立って通過することを思いとどまらせるのには十分な狭さだ。訪問者は孤独の巡礼に投げ込まれる。そしてその道は壁の1つを緩やかな曲線で歪める必要があったほど重要な存在感のある古い木につながっている。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-6.jpg

Access hall
Photo credit: Cesar Bejar

木の敷居を越え、真珠色の固い石段を数段下り、重い鋼のドアを開けるとコンクリートの丸天井が立ち、その上にある緑のベッドシーツの負荷を支えている。冷たく、暗いが、奇妙に居心地の良い洞窟の中にいるような感覚を提供している。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-14.jpg

Livingroom and dinningroom
Photo credit: Cesar Bejar

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-8.jpg

Bedroom Hall
Photo credit: Cesar Bejar

コンクリートはこの新しい岩が溶けて森と必然的に相互作用し、色が変化するという望みをもって主材料として選ばれた。灰色は緑、黒、黄色に変わり、徐々に環境に組み込まれる。フローリングは松の木に囲まれたときに感じる木の香りを強調し、コンクリートの低温とのバランスをとっている。そして鋼は時間と降雨とともに、木の樹皮のような外観を獲得していく。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-11.jpg

Public Area
Photo credit: Cesar Bejar

空間設計は家の左側の公共エリアは樹木が茂った渓谷に完全にさらされているが、右側の公共エリアは木のてっぺんと空の景色を望む中庭に遠慮がちに開いている。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-9.jpg

Master bedroon
Photo credit: Cesar Bejar

木、コンクリート、鋼の3つの要素に絞り、山にいるというラフで原始的な雰囲気を保つことはクライアントにとって非常に重要だった。外社会から隔離された空間を作るために、特定の瞬間に関連する要素を少なくすることが非常に重要であったため、冷蔵庫と電化製品は隠され、照明も慎重に配置された。

adf-web-magazine-hw-studio-la-colina-frente-10.jpg

Bedroom
Photo credit: Cesar Bejar

HW Studio Arqiotectos

HW Studioの名前はスペイン語の黙字と沈黙のグラフィック表現と見なされる文字Hと西洋との直接的な同等性がない日本のWabi Sabi概念(非永続的な美しさ)から取られたWの結合に由来している。建築は空間の中に限界を置く行為であるとし、これらの限界は謙虚なシンプルさの優雅な美しさを実現する、をコンセプトとしている。


sdgs