倉俣史朗シルクスクリーン作品集『Shiro Kuramata Cahier』

銀座 蔦屋書店は日本を代表するインテリアデザイナー倉俣史朗の貴重なスケッチをシルクスクリーンで制作した作品集『Shiro Kuramata Cahier(シロウ・クラマタ・カイエ)』の展示および販売を店内アートウォールギャラリーにて2020年12月1日から2021年1月4日まで開催する。倉俣史朗が遺したスケッチを美恵子夫人らの監修で制作した作品集。

adf-web-magazine-shiro-kuramata-cahier

『Shiro Kuramata Cahier』

adf-web-magazine-shiro-kuramata-cahier-1

『Shiro Kuramata Cahier』

倉俣のスケッチは、溢れ出すアイデアをしたためたメモ。日本のみならず世界に影響を与えた倉俣史朗のインテリアやプロダクト。アクリルの中に真っ赤な薔薇をあしらったチェア「ミス・ブランチ」をはじめとした倉俣の作品は、今も多くの人の心を惹きつける。それは倉俣が発想を現実のものとする際に注いだ情熱と愛の大きさではないだろうか。この覚えがきたるスケッチは、寄り添う猫が描かれていたり、形が生み出されるまでに注がれた倉俣の愛に溢れている。本展では『Shiro Kuramata Cahier』の他に、倉俣の代表的な作品で“オバQ”の愛称で知られる照明「K-series」も展示される。

倉俣史朗プロフィール

1934年、東京都生まれ。東京都立工芸高等学校木材科で学び、1953年から帝国器材に勤める。1953年から56年まで桑沢デザイン研究所リビングデザイン科で学び、1957年に三愛の宣伝課に就職、ウィンドウディスプレイなどのデザインを手掛ける。1965年クラマタデザイン事務所を設立。1970年「Furniture in Irregular Forms」シリーズで世界に広く認知される。1972年毎日デザイン賞を受賞。1990年フランス文化省芸術文化勲章を受勲。1991年、急性心不全のため死去。

Shiro Kuramata Cahier - 倉俣史朗が愛した覚えがき概要

日程2020年12月1日(火)~2021年1月4日(月)
場所銀座 蔦屋書店内 アートウォールギャラリー(スターバックス内)
入場無料
主催銀座 蔦屋書店

pwa