ラグジュアリー・ライフスタイルホテルWが大阪へ

マリオット・インターナショナルは日本初進出となるW Osakaを2021年3月16日(火)にオープンする。コンセプトは、”泊まるだけのホテルじゃない、クリエイティビティを解き放つ「大人の遊び場」”。Wは、マリオット・インターナショナルが展開するブランドの一つで、1998年にニューヨークで誕生したラグジュアリー・ライフスタイルホテル。

adf-web-magazine-w-osaka-designed-by-tadao-ando-3

adf-web-magazine-w-osaka-designed-by-tadao-ando-2

W Osakaは、積水ハウスが開発し、建築家の安藤忠雄がデザイン監修を行った。W Osaka開業日決定に伴い、2020年11月18日(水)よりウェブサイトにて宿泊予約の受付を開始する。W Osakaは、大阪市の中央を南北に結ぶメインストリートである御堂筋に面し、世界有数のラグジュアリーブランドが軒を連ねる心斎橋、幅広いグルメやナイトアウトが楽しめる道頓堀、そして大阪発のデザイナーズショップやこだわりのコーヒー専門店など、個性的な店が並ぶ南船場が徒歩圏内に位置する。また、大阪を支えるビジネス街である本町エリアへのアクセスも便利となっている。

安藤忠雄デザイン監修のW Osaka

ホテルのデザイン監修に、大阪出身の世界的建築家である安藤忠雄を迎え、地上27階地下1階の黒を基調とし華美な装飾を極力おさえたシンプルでスタイリッシュな外観は、巨大な鉱石による研ぎ澄まされた結晶体をイメージしている。W Osakaのデザインは「大阪商人の遊び心」をテーマとし、江戸幕府の方針により過度な贅沢が禁止されていた当時の大阪商人たちは、表向きは控えめで物静かな装いとしながらも、内々では豪華さを極めた粋な遊びを楽しんだと言われている。W Osakaは、当時の「大阪商人の遊び心」を、ミニマルな外観と華やかなインテリアのコントラストで体現する。

adf-web-magazine-w-osaka-designed-by-tadao-ando

インテリアデザインは、W LondonやW Verbier(スイス)など、世界各国のWを手掛けたオランダのConcrete Architectural Associates社が担当。鮮やかなネオンがきらめくエネルギッシュな大阪の街からインスパイアされた賑やかで個性溢れるインテリアデザインとなっている。

adf-web-magazine-w-osaka-designed-by-tadao-ando-1

W Osaka情報

URLW Osaka
Instagraminstagram.com/wosakahotel/
Facebookfacebook.com/WOsakaJPN