企業のデザイン投資トレンドやデザイナーの働き方についてまとめた「ReDesigner Design Data Book 2021」公開

グローバルデザインカンパニーのグッドパッチが運営するデザイナー特化型キャリア支援サービス「ReDesigner(リデザイナー)」が、『ReDesigner Design Data Book2021(以下、デザインデータブック)』を公開。IT・通信業界を中心にマスコミ、金融業界など約100社へアンケート調査を行い、「企業のデザイン投資トレンド」や「デザイナーの働き方」に関する回答結果を全90ページにまとめた。デザイン業界のトレンドに関心がある方向けに、デザインデータブックをもとに、NTTコミュニケーションズやheyのデザイナーと語り合うオンラインイベント(2021年10月22日19:00~)も開催する。adf-web-magazine-redesigner-design-data-book-2021-3

デザインに求められる役割が変化していく中で「日本のデジタルデザイン業界が俯瞰できるデータがない」「デザイン投資に関する企業の意思決定基準がない」というのが、デジタルデザイン業界が抱える課題であった。デジタル業界を牽引する企業とデザイナー双方の視点での調査が可能なReDesignerは、デジタルデザイン業界の発展に貢献することを目的に2019年からデザインデータブックを公開している。adf-web-magazine-redesigner-design-data-book-2021-1

ザインデータブックのサマリ

企業のデザイン投資トレンド
  • デザイン組織への高い投資意欲:デザイン投資に効果を実感が7割。デザイナー増員企業は増加傾向へ
  • 人材確保に対する課題はより顕著に:デザイン投資の阻害要因は人材採用に対する回答が最も多く採用課題がないと答えた企業も14%から2%まで減少
  • 人材獲得手段の多様化:正社員の即戦力獲得が難しくなる中で、副業・フリーランスを取り入れる企業は56%。新卒採用を検討企業も29%から36%へ増加
デザイナーのトレンド
  • デザイナーの役割がより鮮明に:ブランディングへの関心が強い結果。UXデザインが得意と回答するデザイナーは増加傾向
  • 働き方の多様化への関心も:副業やフリーランスといった働き方への関心の高まり。週2〜3日や土日を含んだ働き方などへのニーズが伺える
学生デザイナーの就活トレンド
  • デザイナー志望学生の多様化:デザインの学習期間が2年以下の総合大学の学生もデザイナーを志すように。UI/UXデザイナー等の職種への関心が高まっている
  • 学習やレビュー機会が求められている:学生は、授業外の自己学習やインターンなどで学習。但し、自分なりのやり方で学ぶことが多く先輩や社会人からのレビューが求められている

調査概要

企業のデザイン投資トレンドについて(デザインデータブックp.10〜p.59)
  • 調査期間:2021年9月15日〜2021年10月1日
  • 調査方法:Googleフォームにてアンケートを回収
  • 調査対象:ReDesignerもしくはGoodpatchと過去取引のあった企業
  • 有効回答数:109社
デザイナーのトレンドについて(デザインデータブックp.60〜p.75)
  • 調査期間:2020年10月1日〜2021年9月30日まで
  • 調査対象:調査期間中にReDesignerに登録したユーザー
  • 調査方法:ReDesignerウェブサイトにて登録者にアンケートを回収
  • 有効回答数:1,496名
学生のデザイナー就活トレンドについて(デザインデータブックp.76〜p.87)
  • 調査期間:2021年9月17日〜2021年10月8日まで
  • 調査対象:2022年〜2025年卒業予定のデザイナー志望学生
  • 調査方法:Googleフォームにてアンケートを回収
  • 有効回答数:164名

adf-web-magazine-redesigner-design-data-book-2021-2

ReDesignerについて

100名以上のデザイナーが所属するデザインカンパニーグッドパッチが運営する、デザイナー向けキャリア支援サービス。企業とデザイナーのミスマッチをなくすことを目的に活動。デザインに対する正しい認識を伝え、過去のデザイナーの領域に囚われずにこれからの時代で求められることを伝え、日本のデザインマーケットの変革を目指してる。GOOD DESIGN AWARD 2021を受賞。


sdgs