アメルスフォールト強制収容所を改装、第二次世界大戦中の個人と反省に焦点を当てた常設展示

国立記念碑アメルスフォールトの新しい博物館が2021年4月19日に開館した。第二次世界大戦中、約47,000人の囚人が収容された通過収容所と捕虜収容所をTinker imagineersが再設計。コンセプトから常設展示までをデザインした。建築、空間、新しい展示によって、当時内部で何が起こったのかが示され、抑圧、不公正、恐れなど、歴史を明るみにする。囚人、ヘルパー、そして加害者の物語は語りかける。彼らは誰だったのか?そして彼らのストーリーは、過去から今日の時代にも関連していることを伝えている。

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-5.jpg

Photo credit : Mike Bink

改修は、Inbo(建築)、Juurlink + Geluk(風景)、Tinker imagineers (コンセプトと展示デザイン)、国立記念碑アメルスフォールトが緊密に協力して行われた。博物館に入るとすぐ下に降りる階段がある。そこにはかつてのキャンプの下にある落ち着いた内装の広大なスペースが広がる。建築や素材の使い方、オリジナルの要素が過去の雰囲気を思い起こさせる。これは、光から暗へ、そして再び光へと移行することによって強調されている。

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-2.jpg

Photo credit: Mike Bink

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-3.jpg

Photo credit: Mike Bink

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-1.jpg

Photo credit: Mike Bink

白黒の印象的なビデオ映像は、キャンプでの生活がどのようなものであったかを明らかにしている。壁の大きな地図は、出入りする囚人の輸送を示している。それらは単なる数字として見られ、扱われていたが、展覧会では彼らの名前と顔が戻されている。巨大な柱の写真画像は、キャンプ内とその周辺で重要な役割を果たした個人を紹介している。彼らの所持品は肖像画の下の引き出しに表示され、彼らの話はオーディオデバイスで聞くこともできる。引き出しを開けるとポートレートが明るくなり、部屋の奥にある白黒のポートレート壁とのコントラストが印象的である。

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-6.jpg

Photo credit : Mike Bink

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-4.jpg

Photo credit : Mike Bink

コラムの後ろには、飢餓、虐待、差別などの重要なキャンプのテーマがリストされているが、これらはすべて私たちの現代に行われている不正にリンクする今日でも非常に一般的なテーマだ。展示会は訪問者に不快なジレンマをつきつけ、現代社会における「仲間からの圧力」「権威」また「信頼」が及ぼす影響を自覚させる。 National Monument Kamp AmersfoortのディレクターであるWillemienMeershoekは、次のように述べている。「バーチャルリアリティを使用して現在の問題をつきつけるこのプログラムは、Right or Wrongと呼ばれ、この博物館の内容に特別な意味を与えている」

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-11.jpg

Photo credit : Mike Bink

地下の展示の終わりには、反省の部屋がある。過去を振り返り、訪問者自身が現代のジレンマとどう向き合うのかを自問する。床の足跡(これは博物館の内外両方で繰り返されるテーマ)と直角に設けられた鏡の壁には、ロールコールを書き込むことができる。「私は何を経験し、どんな痕跡を残すのか?」 訪問者自身の鏡像と微妙な光の投影と煙の効果は、この熟考の感覚を研ぎ澄まされる。

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-12.jpg

Photo credit: Mike Bink

外に出ると、キャンプの鋼鉄モデルがその規模を示している。博物館の出口からは、最後にストーンマン記念碑がある射撃場の景色を眺めることができる。博物館は、COVID-19の制限が緩和されるとすぐに、一般公開される。

adf-web-magazine-Kamp-Amersfoort-Tinker-imagineers-13.jpg

Photo credit : Mike Bink

Tinkerimaginersついて

Tinkerimaginersはオランダのユトレヒトに1991年に設立されたクリエイティブコンサルティングとエクスペリエンスデザインのエージェンシー。展示会、イベント、パビリオン、マルチメディアシアターでエキサイティングなアイデアを実現してきた。 創設者のErikBärとStan Boshouwersが出版した《WorldsofWonder-experience design for curious people》には、物語を語る空間を作り出す芸術としての、没入型エクスペリエンスデザインに関するエキサイティングな新しいコミュニケーション方法の内容、理由、方法についてが書かれている。


pwa