アジアとオーストラリアのデザインコミュニティのためのアワード「Design Anthologyアワード 2021」が受賞者/作品を発表

オンラインで開催された「Design Anthologyアワード 2021」の受賞者及び受賞作品が発表されました。本アワードは、アジア・オーストラリア地域のクリエイティブコミュニティの才能とビジョンを評価し、世界に紹介するため、Design Anthologyによって2019年に設立されたプログラム。今回は、「ピープル」と「プレース」「プロダクト」部門において、合計21の受賞者/作品が選出されました。青山デザインフォーラムは、ブロンズスポンサーとして本アワードをサポートしています。

adf-web-magazine-design-anthology-awards-2021-winner-2

The Design Anthology Awards 2021 trophy by Lasvit

「ピープル」部門 受賞者

 

 

「Places」部門 受賞作品

  • 産業遺産の適応型再利用:「宝山資源再生展示センター」Kokaistudios(中国)
  • 商業スペース:マルヒロオフィス「おうち」DDAA(日本)
  • 文化・アート・教育のためのスペース:「For Our Country」ダニエル・ボイド& Edition Office(オーストラリア)
  • おもてなしのスペース(ダイニング):「四季民福北京ダックレストラン」IN.X(中国)
  • おもてなしのスペース(ホテル):「ホテルGahn」スタジオLocomotive(タイ)
  • 住居スペース:「Coopworth」FMD Architects(オーストラリア)
  • 住居スペース(1,000ft²以下):「Chalet W」CASE-REAL(日本)
  • 小売スペース:「m-i-dコンセプトストア 大阪」CURIOSITY(日本)
  • サステナビリティ:「スマートデザインスタジオ」Smart Design Studio(オーストラリ)
  • 都市開発:「北京CR Land Galleriaショッピングセンター」Kokaistudios(中国)

「プロダクト」部門 受賞作品

Design Anthologyについて

Design Anthologyは、洗練されたリーダーをターゲットにした、香港をベースに展開するラグジュアリーデザイン雑誌。トレンドや一時的な流行ではなく時間を超越した、クオリティの高いデザインに重きをおき、アジア地域のプロジェクトや、アジアに拠点を置くデザイナーにより国際的にデザインされたプロジェクトに焦点を当てています。年4回刊行される各号は、国際経験が豊富なチームによって編集され、都市計画、建築からインテリアデザイン、家具、アート、旅行まで多岐に渡るトピックをカバーしています。


sdgs