第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展が開催

文化庁メディア芸術祭」は、文化庁メディア芸術祭実行委員会が主催しているアートとエンターテインメントの祭典。芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を表彰することを目的に1997年度から毎年実施されており、このたび第23回の受賞作品が一堂に会する作品展が開催される。

世界107の国と地域から応募された3,566作品の中から、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4つの部門ごとに、大賞、優秀賞、新人賞、そして今回新設のソーシャル・インパクト賞、U-18賞を選出。4部門以外に「フェスティバル・プラットフォーム賞」を新設し、世界17の国と地域から応募された46作品の中から受賞作品を選出。また、功労賞としてメディア芸術分野に貢献のあったアーティストや専門家を選出した。 今回は新型コロナウィルス感染防止対策として、来場人数を制限し、事前予約制にて開催。 また、会場を360度VRカメラで撮影し、特設ウェブサイトにてメディア芸術祭の世界観を配信する。さらに、受賞者トークイベントについても、特設ウェブサイトでの配信を予定。

受賞作品一例

アート部門 : 大賞
adf-web-magazine-art_[ir]reverent_ miracles on demand

[ir]reverent: Miracles on Demand
Adam W. BROWN [米国]

エンターテインメント部門 : 大賞
adf-web-magazine-ent_shadows as athletes

Shadows as Athletes
佐藤 雅彦 / 佐藤 匡 / 石川 将也 / 貝塚 智子 [日本]

アニメ部門 : 大賞
adf-web-magazine-animation-kaijyu-no-kodomo

海獣の子供
渡辺 歩 [日本]

マンガ部門 : 大賞
adf-web-magazine-robo-sapience-1

ロボ・サピエンス前史
島田 虎之介 [日本]

フェスティバル・プラットフォーム賞
adf-web-magazine-fp-kyu-shousetsu

球小説
YouYouYou [日本]

adf-web-magazine-fp-_starman

Starman
Tiff RANDOL / CEN Kelon / Thor FREUDENTHAL / YEN Shih-Lien [米国 / 中国 / ドイツ、米国 / 台湾]

その他受賞作品
Two Hundred and Seventy by Nils VÖLKER
adf-web-magazine-art_between #4 black aura
adf-web-magazine-art_ferriscope
adf-web-magazine-ent_amazarashi
df-web-magazine-ent_cellmate
adf-web-magazine-japan-media-arts-festival-24-tenkinoko-animation
cover
adf-web-magazine-animation_nettle head
adf-web-magazine-art_soundform no.1
previous arrow
next arrow
PlayPause
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

第23回文化庁メディア芸術祭 概要

期間2020年9月19日(土) – 2020年9月27日(日)
会場日本科学未来館
入場料無料(事前予約制)
URLhttps://j-mediaarts.jp