EmsUIju7Cik

チームラボが空間演出を手掛けた没入型オペラ『トゥーランドット』の東京公演

チームラボが初めてセノグラフィー(空間演出)を手がけるジャコモ・プッチーニのオペラ『トゥーランドット』新制作の東京公演が、2023年2月23日 (木・祝) から26日 (日) まで東京文化会館大ホールにて行われる。演出は、イングリッシュ・ナショナル・オペラ前支配人のダニエル・クレーマー。チームラボは、クレーマーと共に、彼の『トゥーランドット』解釈とチームラボのアートを融合させるセノグラフィーを構想した。これまでオペラの舞台では見られなかった最先端のビジュアル・テクノロジーを駆使し、前衛的な空間の流れの中に観客を埋没させ魅了する、没入的な芸術体験を創り出す。

adf-web-magazine-teamlab-turandot-giacomo-puccini-tokyo

光による立体的な彫刻空間がステージ上に現れる(ジュネーヴ公演より)© teamLab, Courtesy Daniel Kramer, Grand Théâtre de Genève, and Pace Gallery

オペラの概念を超越する没入的なオペラ空間

本公演は2022年6月にスイス・ジュネーヴのジュネーヴ大劇場 (Grand Théâtre de Genève) でワールドプレミエを迎え、「真の総合芸術」(Concert Classic)、「壮大な視覚体験」(Le Courrier) などと評され、驚きと賞賛のなか幕を閉じた。

本作のセノグラフィーの構想期間は5年にわたり、コンセプト、新解釈、隠喩、象徴、そして各シーンの視覚的表現をどのように実現するかについてプランニングを重ね、模索してきた。チームラボによる立体的な光の彫刻空間とデジタルアートは、ときに熱狂を煽り、ときに繊細な潜在意識をも描き出し、キャストはその空間に没入し、一体となる。舞台と観客は境界なく連続し、観客もキャストとともにオペラ空間に没入する。

『Turandot』ジャコモ・プッチーニ作曲オペラ 開上演概要

会場東京文化会館 大ホール
日時2月23日 (木・祝) 18:00開演 (17:00開場)/2月24日 (金) 14:00開演 (13:00開場)/2月25日 (土) 14:00開演 (13:00開場)/2月26日 (日) 14:00開演 (13:00開場)
上演予定時間約2時間45分(休憩を含む)
ウェブページhttps://bit.ly/3Yj0ovC