地域のランドマークとして機能するパブリックインスタレーション「Ripple」

アーバンコンガによって作成されたパブリックインスタレーション「Ripple」は、ニューヨーク州ロチェスターのコミュニティとともに、一連の参加型デザインワークショップを通じて設計され、地域のランドマークとして機能している。設計にあたり、人々、風景、そしてそれらの間の相互作用に対応しながら、絶えず変化するランドマークとして機能するよう、一連の参加型デザインワークショップが行われた。コミュニティによってコミュニティが社会的障壁を打ち破り、自由な遊びの火付け役の瞬間を通じて公共の領域内の人々をつなぐための触媒として位置づけされるよう工夫がされている。

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-7.jpg

The iridescence of each unit makes the piece appear like it's rippling as you walk by.
photo:Savannah Lauren

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-1.jpg

Ripple becomes a timeless landmark while coexisting in harmony with the surrounding context.
Photo credit: Savannah Lauren

Rippleの遊び心ある動きは、人々が仕事だけ以外でも、お互いに立ち止まって相互作用する魅力的な瞬間、つまり空間内で引き起こされるであろう会話、およびつながり、関係をつなげていく。それは日常空間での遊びの価値と、より社会的で、より健康的で、より安全で、包摂的な都市を作ることへと影響している。

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-2.jpg

Local residents manipulate the reflections and refractions of the surrounding context by rotating the pixels.
Photo credit: Savannah Lauren

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-3.jpg

Photo credit: Savannah Lauren

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-9.jpg

Local Rochester resident getting the perfect selfie with the reflective backdrop.
Photo credit: Savannah Lauren

Rippleは、ニューヨーク州ロチェスターの市内中心部にあるジェネシー川を結ぶ、ロチェスター市、ストロングミュージアムオブプレイKaBOOMコモングラウンドヘルスによって実施されているプレイフルな介入型エコシステムの一部として製作された。リップルのデザインは、街の中心を流れる主要な動脈であり、街の歴史の不可欠な部分であるジェネシー川の流れに触発されている。マーティンルーサーキングジュニアパークへの歩行者用通路を歩いている間、作品との受動的な相互作用を可能にする導線は、まさに川の流れの動きを取り入れていることがわかる。

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-10.jpg

Photo credit: Savannah Lauren

Rippleの独特の流れるような形は、空間内でさまざまな社会的相互作用が起こる機会を生み出している。作品の虹色は波打つ水の効果を模倣しており、作品のそばを歩くと、周囲の環境の反射と屈折により、まるで生きていて動いているように感じられる。この作品は、季節の移り変わりや周囲の状況に適応し、誰かが通り過ぎるたびに新しい体験や思い出を生み出すだろう。

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-8.jpg

The influence of the flowing Genesee River on the design
Photo credit: Savannah Lauren

この効果は、光が表面に当たる角度とユーザーによる反射の操作に基づいて色が変化する反射ダイクロイックフィルムを含む各ユニットによって作成された。この作品には、ロチェスターの有名な花であるライラックの形とクラスターの影響を受けたこれらのユニットが1200個含まれている。これらの各ユニットは、個人が回転して都市のメッセージボードになることができるピクセルとして機能する。コミュニティが自分のアイデンティティを作品や空間に取り入れるための、時代を超えたオープンエンドのプレイ可能なプラットフォームになるのだ。

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-5.jpg

Photo credit: Savannah Lauren

adf-web-magazine-ripple-rochester-ny-6.jpg

Pixelated images and words can be drawn by rotating the individual pixels. You can see the word PLAY spelled out in this image.
Photo credit: Savannah Lauren


アーバンコンガについて

アーバンコンガは、ニューヨークのブルックリンを拠点とするクリエイティブの多様なグループで構成された学際的なデザインスタジオだ。彼らの仕事は、自由な遊びを通してコミュニティ活動と社会的相互作用を刺激することに焦点を合わせている。コミュニティと協力することで、構築された環境内での創造性、探求、自由選択の学習を呼び起こす、包括的かつ魅力的なユニークな作品を作成することに成功している。作品は、私たちの日常生活を混乱させるだけでなく、それに追加するように、既存の都市インフラストラクチャ内で絡み合った、エコシステムとしての「プレイ可能な都市」のアイデアを探求している。彼らは遊びが日常の空間にどのように存在し始めるかを調査し、歩道、バス停、街灯、公園のベンチ、またはその間の日常空間など、遊びになる可能性のあるこれらの空間について考えるよう人々に促し続けている。また、世界中の組織、企業、政府、大学と協力し、パブリックアート、都市への介入、プレイ可能な製品、開発計画、および公共政策の推奨事項を提供している。


pwa