公文健太郎と山口誠のふたり旅から生まれた写真展「借景ー隣り合うマチエール」

MYD GALLERYにて写真家 公文健太郎と建築家 山口誠による写真展「借景 - 隣り合うマチエール 」が2021年11月13日(土)から2022年5月14日(土)まで開催する。本展は山口がひとり旅で見つけてきた魅力的な場所へ公文と二人旅であらためてでかけ、旅先で公文が撮影した写真を展示。日本庭園と借景、その視点の先を新しい文脈で切り拓く展覧会だ。

adf-web-magazine-shakkei-neighbouring-textures-myd-gallery-1.png

© Kentaro KUMON ( 浜離宮恩賜庭園 /東京 )

借景の魅力について考え始めた山口が、写真を撮って欲しいと公文に声を掛けたことから、二人で全国の日本庭園を巡り、コラボレーションで新たなイメージが生まれ、想像していなかった発見をしている。二人で現地に赴き、発見をし、出来上がった写真を見て、また新たな発見をしている。

adf-web-magazine-shakkei-neighbouring-textures-myd-gallery-2.png

© Kentaro KUMON (小石川後楽園 /東京 )

公文 健太郎/Kentaro KUMON : 写真家

ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、 広告で幅広く活動。 同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作。 近年は日本全国の農風景を撮影した「耕す人」、川と人のつながりを考える「暦川」、半島を旅し日本の風土と暮らしを撮った「光の地形」などを出版。

山口誠/Makoto YAMAGUCHI : 建築家

東京芸術大学大学院建築専攻修士課程修了。 2001年に山口誠建築設計事務所、2007年に山口誠デザイン設立。国内外でプロジェクトを手がけ、高い作品性は世界的な評価を得ている。

「隣り合うマチエール-借景」概要

会期2021年11月13日(土)から2022年5月14日(土)まで
会場MYD Gallery (東京都港区南麻布2-8-17鳥海ビル1F)
時間アポイントメント制につきこちらより要予約 *毎週土曜日は12:00-17:00のみ予約不要で来廊可
休廊日・祭日

sdgs