1960-70年代のミニマル・アートとコンセプチュアル・アートを振り返る

愛知県美術館は「ミニマル / コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術」展を2022年1月22日(土)から3月13日(日)まで開催する。ドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻によって、1967年にデュッセルドルフで立ち上げられたフィッシャー・ギャラリーは、その類い稀な先見性と幅広い活動から、伝説的な存在として語り継がれている。本展では、近年デュッセルドルフのノルトライン゠ヴェストファーレン州立美術館に収蔵された、同ギャラリーが保管していた貴重な作品や資料と、日本国内に所蔵される主要な作品を通じて、全18作家の活動から 1960-70年代のミニマル・アートとコンセプチュアル・アートを振り返る。

adf-web-magazine-minimal-cnceptual-art-exhibition-in-aichi

ドロテ・フィッシャーとコンラート・フィッシャー 1969 年 Photo: Gerhard Richter

ドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻は、同時代の国際的な動向をいち早く紹介した。当時の若い作家たちは、1950年代にアメリカを中心に大きな影響力をもっていた抽象表現主義と呼ばれる動向に対して、憧れを抱きつつも同時に反発もしていた。彼らは、抽象表現主義の絵画に認められる、直観的な色彩やフォルムの配置、絵具に残された身振りの痕跡といった作家の個性を示すような表現性を捨て去って、幾何学的で単純なかたちの絵画や彫刻を制作した。こうした新たな動向は、アート批評家らによってミニマル・アートと呼ばれ始めまる。

ミニマル・アートの代表的な作家のひとりであるカール・アンドレを、フィッシャー・ギャラリーは最初の展覧会で取り上げた。アンドレは工業的に生産された金属の板やブロックを用いて作品を制作。従来、作家によって完成された作品は、確固たる存在としてその地位が保証されてきたが、互いに接続されることのないアンドレの作品は、彼自身やほかの誰かの手によって容易に解体され再構成されうるもので、作品や作家の地位を大きく揺るがすものであった。同様に1960年代にフィッシャー・ギャラリーで紹介されたダン・フレイヴィンは、既製品の蛍光灯を用いて作品を制作した。人工の光を用いて作品を制作する作家はほかにもいたが、多くの作家が自由に変形できるネオン管を用いたのに対して、フレイヴィンはあえて規格化された蛍光灯を用いて、制作に直観的な判断が入り込む余地を排除した。ソル・ルウィットが、1968年にフィッシャー・ギャラリーで発表した新作《隠された立方体のある立方体》を実現するために、コンラート・フィッシャーに送った作品の制作指示書は、当時のミニマリストの作品制作のあり方をよく示している。作品はもはや作家の手を一切介さずに、各部の寸法や塗装の方法などが記された制作指示書を通じて、技術者によって実現された。

ミニマリストたちによって、新たなアートのあり方が提示されていく状況のなかで、アート制作において最も重要なのは、アート作品の構成を決定するコンセプトであるという考え方が現れはじめた。先述のソル・ルウィットは、1967年に「コンセプチュアル・アートに関する断章」というテキストを発表してコンセプトの重要性を説くとともに、制作のコンセプトそれ自体を積極的に公開していった。1975年のフィッシャー・ギャラリーにおける個展の招待状には、同展で発表された壁面ドローイングを制作するために、技術者に伝えられた制作指示が記されている。

物理的な作品よりもコンセプト自体を重視していく態度は、数字の計算という思考の過程を提示するハンネ・ダルボーフェンや、起床時間を記した絵葉書を知人に毎日送り続けた河原温にも認められる。二人組の作家であるギルバート&ジョージは、自らを「生きた彫刻」とみなして、彼らの日常それ自体がアートであると考えた。それゆえに、物理的な作品として残されるのは、彼らの行為の記録であり、アート作品《アーチの下で(ボックス)》は「歌う彫刻」として彼らが各地で実演した際の記録写真や招待状などを収めたものとなっている。

1960-70年代は、社会的な変革と連動しながら、アートにおける新しい価値観が次々に生まれた時代であった。そこで生まれた価値観や考え方は、今日の現代アートの源流をなすものであると言っても過言ではない。本展では、1960-70年代のミニマル・アートとコンセプチュアル・アートを見つめ直す内容となっている。

「ミニマル / コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術」概要

会期2022年1月22日(土)~3月13日(日)
会場愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
開館時間10:00〜18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日毎週月曜日
観覧料一般 1,400(1,200)円、高校・大学生 1,100(900)円、中学生以下無料
URLhttps://bit.ly/31ErKE4

pwa