野村直城 作品展「つちのはなし」を銀座・蔦屋書店にて開催

アーティスト・野村直城の作品展「つちのはなし」が、銀座 蔦屋書店にて、2022年1月15日(土)から2月4日(金)まで開催される。本展では、2015年から2021年にかけて野村が制作した陶芸作品約10点が展示される。作品は、銀座 蔦屋書店店頭(1月15日10:30より)と、アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」(1月15日12:00より)にて販売される。

adf-web-magazine-tsutaya-nomura-naoki-1

さかだちゃん 2021

野村直樹は、作家活動を始める以前より土という素材に親しんでいた。土というやわらかな素材から、焼くことによって美しい色彩と安定したかたちが生まれる陶芸に魅了され、作品を制作にのめりこんでいく。自身が日常生活を送るなかで「見つける」物語を着想源に、可愛らしい“いきもの”をつくり上げてきた。野村の日常からすくい上げられた物語は、土を素材に、少女のようにもみえる“いきもの”となって現れる。いちごやエビフライといった食べ物をまとったり、特徴的な髪型や、あいまいな表情を浮かべたりと、多様な姿を見せる“いきもの”たちに、鑑賞者はそれぞれの物語に想像をめぐらせ自然と笑顔になるとともに、作家の日常に対する暖かなまなざしを感じることだろう。

adf-web-magazine-tsutaya-nomura-naoki-3

雨 2020

日々の生活の中には沢山のちいさな発見があります。 いろんな物や人との出会い、何気ない会話の中から想像が広がり、頭の中でパチンパチンと物語が生まれます。 そして物語の登場人物が頭の中にたくさん住みつき、私の手を介して現実の世界へと姿を現したのが作品です。

-野村直城

adf-web-magazine-tsutaya-nomura-naoki-2

いちご少女 2020

野村直城(のむら・なおき)プロフィール

1978年 兵庫県出身

2004年 京都精華大学大学院芸術研究科造形専攻陶芸分野修了

2013年 神戸ビエンナーレ現代陶芸コンペティション 兵庫陶芸美術館賞(兵庫陶芸美術館, 兵庫)

2014年 世界とつながる本当の方法「みて・きいて・かんじる陶芸」(岐阜県現代陶芸美術館, 岐阜)

2019年 EXPO 2019(Biz'Art - Biz'Art, フランス )

2020年 個展「ゆめのつづき」(gallery UG, 東京)

adf-web-magazine-tsutaya-nomura-naoki-4

野村直城作品展「つちのはなし」開催概要

期間2022年1月15日(土)~2月4日(金)
時間10:30~21:00
会場銀座 蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
入場無料
特設ページhttps://bit.ly/3rcwRUN

pwa