展示概要

アーティゾン美術館は、2020年1月18日から開館記念展「見えてくる光景 コレクションの現在地」を開催し、この開館記念展に続いて4階から6階まで各階で個別の展示会を開催する。アーティゾン美術館では印象派や日本近代洋画をより充実させるとともに、抽象画を中心とした20世紀美術、現代美術、日本の近世美術などコレクションの地平を広げ、本展では20世紀美術、現代美術作品を展示する。

展示室:4F 特集展示コーナー 

新収蔵作品特別展示:パウル・クレー
会期:2020年4月18日(土)〜6月21日(日)

adfwebmagazine_artizon3

新収蔵のパウル・クレー作品24点を一挙公開。クレーが分離派展や「⻘騎⼠」に参加していた1910 年代から、バウハウスで教鞭を執っていた1920 年代を経て、没する前年にあたる1939 年まで、その画業の多くの部分をカバーする内容となっている。

展示室:5F

「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国」展 
Cosmo-Eggs | 宇宙の卵
会期:2020年4月18日(土)〜6月21日(日)

adfwebmagazine_artizon1

ブリヂストン美術館及び石橋財団の創設者 石橋正二郎は、1956年にヴェネチア・ビエンナーレ日本館を建設寄贈した。そして石橋財団は近年、日本館への支援を行っている。アーティゾン美術館では、ヴェネチア・ビエンナーレ日本館での展示の成果を広く日本国内でも紹介するため、帰国展を開催。2019年5月に開幕した第58回国際美術展では、日本館はキュレーターの服部浩之のもと「Cosmo-Eggs | 宇宙の卵」と題し、美術家、作曲家、人類学者、建築家という異なる専門分野で活躍する4名のアーティストによる作品展示を行った。本帰国展では、キュレーターやアーティストとともに日本館展示を再構築し、紹介する。

展示室:6F

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 
鴻池朋子 ちゅうがえり
会期:2020年4月18日(土)〜6月21日(日)

adfwebmagazine_artizon2

「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演。第一回目の開催には、芸術の根源的な問い直しを続け、精力的に活動するアーティスト鴻池朋子を迎え、それまで美術館では不可能であった事へのチャレンジ、拡張を試み、芸術の生態系をトータルインスタレーションで表現する。