科学技術館にて新たなアートイベント「EASTEAST_TOKYO 2023」開催。参加アーティスト・ギャラリーが発表

千代田区北の丸公園内の科学技術館にて、EASTEAST_が主催する新たなアートイベント「EASTEAST_TOKYO 2023」が2023年2月17日(金)から19日(日)にかけて開催されることが決定した。併せて、東京・日本を拠点に活動するアーティスト及びアートギャラリーを紹介する本イベントに参加する25のアートギャラリーが発表された。adf-web-magazine-east-east-tokyo-2023-2.jpg

東京・日本を拠点に活動するアーティスト、アートギャラリーを国内外へ紹介、参加者間の文化交流を促進するためのプラットフォーム「EASTEAST_」は、次世代を担うアーティストとその協働者であるギャラリスト、キュレーター、批評家、鑑賞者、コレクター、パトロン、企業などのアートプレーヤーが連携し、市場経済と文化・アートが公平に作用し合う「文化的エコシステム」の創造を目指している。adf-web-magazine-east-east-tokyo-2023-1

今回は、2020年に誕生したアートフェア「EAST EAST_Tokyo」を大幅リニューアルし、「EASTEAST_TOKYO 2023」として再始動する。東京拠点を中心とした約25のギャラリーに焦点を当て、東京国立近代美術館からほど近い、北の丸公園内に位置する科学技術館を会場に開催。出展ギャラリーによるアート展示・販売、アートプロジェクト紹介のほか、映像、サウンド、ライブパフォーマンスの実施やディスカッション、ビューイングツアー、フード&ドリンクをラインナップする。また、オフサイトプログラムとして、渋谷や新宿の街頭での映像作品展示、クラブやライブハウスでの音楽プログラムなど、東京のカルチャーシーンやアーティストたちのコミュニティの価値観を体験できる包括的なプレゼンテーションを実施する。adf-web-magazine-east-east-tokyo-2023-3.jpg

EASTEAST_を運営するチームは、アーティストやギャラリストなどアート業界の関係者と、アートと接点を持つデザイン、音楽、出版、広告等の分野で活躍するクリエイターや実業家により構成される緩やかな集まりである。「アートイベントをつくる」という実践のもと、それぞれチームメンバーが当事者として直面する日本のアート、クリエイティブシーンにおける問題意識について、国を越えた独自のネットワークで共有し、対話を繰り返しながら、アーティスト、クリエイター、公的機関や企業との協働に取り組む。この取り組みは、イベントの定期的な開催と共に継続的におこなわれ、チームメンバーは時代とともに変化していく。

参加ギャラリー/プロジェクト(A to Z)

  • ANOMALY
  • CALM & PUNK GALLERY
  • CON_
  • DYH / Destroy Your Habits(プロジェクト)
  • Gallery COMMON
  • HAITSU
  • HARUKAITO by island
  • konomad
  • LAID BUG
  • Lavender Opener Chair
  • MATTER
  • NOZZA SERVICE
  • PARCEL
  • Ritsuki Fujisaki Gallery
  • stacks bookstore
  • SNOW Contemporary
  • TALION GALLERY
  • GALLERY TARGET
  • TAV GALLERY
  • Gallery Trax
  • VOILLD
  • VOYAGE KIDS
  • デカメロン
  • 6okken(プロジェクト)

「EASTEAST_TOKYO 2023」開催概要

会期2023年2月17日(金)–19日(日)
会場科学技術館
時間

2月17日(金)14:00–19:00/18日(土)12:00–19:00/19日(日)12:00–17:00

チケット

ArtStickerにて販売[1日券]一般 2,000円/23歳以下 1,000円[3日通し券]一般 5,000円/23歳以下 2,500円

公式サイト

https://easteast.org/2023/


pwa