創設当初より展開している展覧会のシリーズ

食と現代美術」は、19年前のBankART 創設当初より展開している展覧会のシリーズで、今回9回目を迎え、BankART Stationで2023年11月2日から12月2日まで開催する。これまでも、施設内で食をテーマとした作品を展示するほか、周辺店舗にアーティストの作品を展示したり、アーティストや有識者、周辺店舗のオーナーによるワークショップやトーク、飲食やアートの入り混じったマーケットの運営、街歩きと融合したフルコースの企画、BankART Café & Pubを舞台にした特別メニューシリーズなど、さまざまな形で展開してきた。adf-web-magazine-food-people-art-city-1

この「食と現代美術」の目的は、美術の中にあらわれる、または美術の視線を通して、食文化の中に潜む、プライベート性、地域性、共有性、暴力性、批評性、時代性、空間性などを解きほぐしていくことにある。「食」というものが日常であっても、「現代美術」は非日常である人々も多くある中、食という普遍的なテーマを美術の視線から逆照射することで、食文化のもつ深さと広がりを浮き彫りにし、またそのことが同時に美術作品の中に潜む普遍的なテーマを表出させていく。今回は、横浜ポートサイド地区でおこなわれる「食とアートと人と街」と会期をあわせて、展示やソフトプログラムを展開する中で、BankART Stationを、食を巡るゆるやかな空間へと転換していく。

参加作家

磯崎道佳、大田黒衣美、カブ(深沢アート研究所緑化研究室)、下寺孝典(TAIYA)、谷本真理、ちぇんしげ、平田 守、婦木加奈子、丸山純子、三田村光土里、武藤勇+(君塚史高+加藤良将+札本彩子)、村田真、森田浩彰、矢内原充志、ヤング荘、茶室プロジェクト[花升木工社寺建築(茶室)+藤井健司(軸)+丸山純子(花)]他adf-web-magazine-food-people-art-city-2

同時開催:食とアートと人と街@ヨコハマポートサイド地区

会期 2023年11月2日から12月2日まで

ヨコハマポートサイド地区は、隣接する、みなとみらい 21の整備に合わせ、「アート&デザインの街」をコンセプトに再開発を進めてきた街で、洗練されたデザインの街並み、その地区内には数多くのパブリックアートも展示されている。今回は、ヨコハマポートサイド地区内と周辺の飲食店等店舗・オフィスエントランス等にアート作品が展示。参加店舗等で配布しているマップを片手に、この地区と周辺をめぐり、マップの提示で特別なサービスを提供するお店もある。

「食とアートと人と街」開催概要

会期2023年11月2日から12月2日まで
時間11:00-19:00
会場BankART Station
料金500円(パスポート)
URLhttps://bit.ly/3FbCWIC

pwa