湖を望む静かなラグジュアリー

オルタ湖畔にあるこの隠れ家ラ・ダルビア・ホテルは、個性的なデザインのホスピタリティの愛好家にとって、ピエモンテで最高の秘密の場所となっている。建築家のジャン・カルロとマッテオ・プリマテスタ兄弟は、ピエモンテ州オルタ湖畔の廃墟となった農村集落を、静かな贅沢とイタリアのドルチェ・ヴィータの極みを反映した洗練された休暇の隠れ家へと変貌させ、未知の領域へと踏み込んだ。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-17

Photo credit: Tobias Kaser

北イタリアの観光客がマッジョーレ湖に押し寄せ、華やかなコモ湖にスポットライトが当たる一方で、オルタ湖は世界中のほとんどの人々にとって比較的知られていない宝物のままだ。その東岸、歴史的な中心地オルタ・サン・ジュリオのすぐ上にあるエレガントな集落ラ・ダルビアは、造園家アンナ・レッゲが設計した緑豊かな地中海公園と、愛情込めて栽培されたネッビオーロのブドウ畑に囲まれ、ひっそりと佇んでいる。煌めく湖とモンテ・ローザの峰々の息を呑むような眺めを楽しめるこの隠れ家は、心のこもった美学と真に親身なもてなしで、ラグジュアリーの意味合いを再定義している。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-16

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-15

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-12

Photo credit: Tobias Kaser

スタジオ・プリマテスタの創設者たちにとって、ホテル経営者になることはまったく新しい経験だったが、それこそが「ラ・ダルビア」を、デザインの美とディテールの深さを追求する愛好家にとっての場所にしていることがわかった。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-3

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-18

Photo credit: Tobias Kaser

ラ・ダルビアのレストラン "ラ・クチーナ "と有機菜園に囲まれたのどかなテラスとカクテル・バーは、ミラノからハンブルク、ニューヨークからヘルシンキまで、舌の肥えた美食家たちの間で固く守られた秘密となり、シェフのマッテオ・モンフリノッティは、この地とのつながりを共有し、ピエモンテの料理のアイデンティティを強調している。地元の食材、本物の料理、グルメなレベル、それが "ラ・クチーナ "のすべてである。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-9

Photo credit: Tobias Kase

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-13

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-14

Photo credit: Tobias Kaser

20室のスイート・アパートメントとレストランは、控えめなエレガンスを発散しており、印象づけるために派手な音は必要ない。イタリア人が言うところの“ソブリオ”。シンプルで、だからこそ興味をそそる。ラ・ダルビアの建築は、ピエモンの農村建築のシンプルで形式的な言語を反映し、地元の素材、地中海の植生、飾り気のない手工芸品を取り入れている。この土地のエッセンス、文化的歴史、農村の類型が、このプロジェクトの建築的、概念的なモチーフとなった。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-2

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-6

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-10

Photo credit: Tobias Kaser

インテリアの色彩コンセプトは、自然のニュアンス豊かなカラーパレットを取り入れたもので、蔦の生い茂る森に面した20戸のアパートメントはすべて、ブドウ畑と温水海水プールのある庭に面している。サンデッキでは湖や周囲の山々を眺めながらヨガを楽しむことができる。

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-4

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-8

Photo credit: Tobias Kaser

adf-web-magazine-la-darbia-hotel-5

Photo credit: Tobias Kaser

スタジオ・プリマテスタ

1995年にオルタ湖畔にスタジオ・プリマテスタを設立して以来、ジャン・カルロとマッテオ・プリマテスタの兄弟は、学際的な協力者チームとともに、イタリア国内外のクライアントを相手に幅広いプロジェクトの専門知識を集約してきた。スタジオのポートフォリオは、歴史的なワインセラーやワイナリー、宿泊施設、個人住宅、オフィス、工業スペースで構成されている。その幅広いプロジェクトは、ひとつの明確なコンセプトに基づき、その土地の文脈、歴史、精神が計画プロセスを決定する一方で、建築は控えめなまま、建物の機能と雰囲気を優先させる。これにより、建築の流行に左右されない、時代を超越した建物や空間が生まれる。建築と自然の相互作用は、しばしば造園家アンナ・レッゲとのコラボレーションによって、スタジオのプロジェクトに常に見られる特徴となっている。その多彩なレパートリーは、幅広いスキルを持つチームの賜物である。


pwa