WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION 開催

アートプロジェクト集団 WATOWA GALLERYは、 WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYOにて「WATOWA ART AWARD 2022 EXIHIBITION」を2022年12月19日(月)から26日(月)まで開催する。約300名のエントリーの中から選ばれた60名のファイナリスト作品が展示され、グランプリや準グランプリなどの受賞作品も発表される。adf-web-magazine-watowa-art-award-2022-exhibition-2

WATOWA ART AWARDについて

未来を担う新しい才能の発見を目的とする WATOWA ART AWARD では、20 ~ 45歳と幅広い年代のアーティストを対象とすることで、次世代の若い才能はもちろん、これまで活動の場が限られてきた中堅作家にもスポットを当て、作品発表の機会を創出。アート教育を担う有識者、国内外で活躍するアーティスト、インキュベーションを行うキュレーターやアートコレクターなど、アートアワードとしては異例の、年代もジャンルも異なる15名もの審査員を迎え、それぞれの知見により審査作品へのフィードバックを行うなど、受賞者との積極的なコミュニケーションを図ることで今後の活動を支援している。

2回目となる今回は、300名弱のエントリーが集まり画像資料による一次審査、作品実物による二次審査を経て、「WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION」にて、ファイナリスト作品の展示とともに受賞作品を発表する。

グランプリには WATOWA GALLERY プロデュースによるソロエキシビジョンの開催権、準グランプリにはグループエキシビジョンへの参加権を授与するとともに、グランプリにはソロエキシビジョンに向けた制作協力金 50 万円が提供される。審査員賞も設置し、各ジャンルにおいて活躍する審査員毎に様々なサポートを用意いたします。 なおファイナリストの作品は購入が可能で、新進気鋭アーティストの作品をいち早く手に入れることができる貴重な機会となっている。

また、来場者が若手作家を支援する第一歩として、500円からのドネーション制入場料を設けることで、アートシーンへの理解と親近性を深める取組みを行っている。※本アワードは、これまでに集まった寄付により運営、開催される。

審査員一覧

adf-web-magazine-watowa-art-award-2022-exhibition-1

  • 鬼頭 健吾(アーティスト / 京都芸術大学大学院教授)
  • 大庭大介(画家 / 京都芸術大学大学院准教授)
  • 薄久保 香(画家 / アーティスト / 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻准教授)
  • 山本 浩貴(アーティスト / 文化研究者 / 金沢美術工芸大学講師)
  • 椿 昇(現代美術作家 / 京都芸術大学 教授 / 東京芸術大学 客員教授)
  • ヒロ杉山(アーティスト / WAVE プロデューサー / ENLIGHTENMENT 代表)
  • 山峰 潤也(キュレーター / NYAW 代表取締役 / 一般財団法人東京アートアクセラレーション)
  • 久保田 真帆(MAHO KUBOTA GALLERY ディレクター)
  • 牧 正大(MAKI Gallery オーナー)
  • 芦川 朋子(WAITINGROOM・オーナー / ディレクター)
  • 千葉 由美子(Yumiko Chiba Associates 代表取締役)
  • 家入 一真(CAMPFIRE 代表)
  • 高橋 隆史 ( ブレインパッド 代表 代表取締役社長 )
  • 寺内 俊博(西武・そごうアートディレクター)
  • 小松 隆宏(アートプロジェクト・プロデューサー / WATOWA INC. 代表 / WATOWA GALLERY 代表・プロデューサー / 演出家)

 

「WATOWA ART AWARD 2022 EXHIBITION」開催概要

会期2022年12月19日(月)〜12月26日(月)
会場WATOWA GALLERY / THE BOX TOKYO
入場ドネーションチケット:500円(税込)事前予約制*12/21 ( 水 ) は観覧無料
時間12:00-19:00
URLhttps://bit.ly/3VKM1Po

pwa