建築家の藤森照信が設計した茶室「五庵」

2021年7月1日から開催されているTokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13で公開された「パビリオン・トウキョウ2021」は、東京都および公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会が、「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」の一つとして新国立競技場を中心とする複数の場所に建物やオブジェを設置し、自由で新しい都市のランドスケープを提案するプロジェクト。その中の一つとして、建築家の藤森照信が設計した茶室「五庵」が新国立競技場前に完成した。観客は、地図を片手に、世界で活躍する建築家やアーティストたちがそれぞれの未来への願いを表したパビリオンを巡れる。

adf-web-magazine-pavillion-tokyo-architect-terunobu-fujimori

茶室「五庵」/設計:藤森 照信

藤森照信は自然と一体となった建築を作り続けており、この茶室「五庵」では基壇を芝が覆っている。上部の外壁に用いられている焼杉は、杉材の表面を焼いて炭化させたもので、表面の炭化層が板の劣化を防ぎ耐火性を高くしている。1階の待合に入り、梯子で2階の茶室に上がると、大きな窓から新国立競技場が見える。梯子は「にじり口」の再解釈で、暗くて狭い場所を通り、茶室という別世界に移動させる機能を持ち、建築史家としての膨大な知識に裏付けされた「どこにもない」建築が藤森作品の魅力となっている。

adf-web-magazine-pavillion-tokyo-architect-terunobu-fujimori-2

外装材取り付け前の建物

adf-web-magazine-pavillion-tokyo-architect-terunobu-fujimori-4

外装材の焼杉の加工・取り付け

パビリオン・クリエイター

藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠、草間彌生、真鍋大度 + Rhizomatiks(特別参加)

「パビリオン・トウキョウ2021」概要

会場新国立競技場エリアを中心に東京都内各所
会期2021年7月1日(木)から9月5日(日)まで
主催東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会
企画ワタリウム美術館
運営パビリオン・トウキョウ 2021実行委員会
URLhttps://paviliontokyo.jp/

sdgs