築100年の煉瓦倉庫を現代アートの美術館に甦らせる再生までの全記録

パイ インターナショナルは2022年7月14日(木)に書籍 『弘前れんが倉庫美術館-記憶を継承する建築- 』を刊行する。本書の刊行を記念して7月14日に代官山蔦屋書店、7月16日および17日に弘前れんが倉庫美術館にて刊行記念トークイベントを開催する。弘前れんが倉庫美術館は、パリを拠点に国際的に活躍する建築家の田根剛が日本国内で初めて設計を手掛けた美術館。adf-web-magazein-architecture-carries-on-memory-1

本書では田根が取り組む「記憶を継承する建築」はどのように行われたのか、その全貌が明らかにされる。弘前の歴史、煉瓦倉庫の変遷、考古学的なリサーチから導きだされた建築のコンセプト。既存の建物を解体・分析して修復する壮絶な現場の記録。そして完成後の美術館と弘前の風景までが紹介。また、プログラムの構成や空間の使い⽅など、弘前から世界へと発信する美術館運営の新たな取り組みも紹介される。日本の古き良き風景が失われる中、未来へ繋ぐ建築とはどのようなものなのか、煉瓦倉庫の再生までを追った美術館の軌跡となっている。

adf-web-magazein-architecture-carries-on-memory-2adf-web-magazein-architecture-carries-on-memory-3adf-web-magazein-architecture-carries-on-memory-4

田根剛

建築家。1979年東京生まれ。Atelier Tsuyoshi Tane Architectsを設立、フランス・パリを拠点に活動。主な作品に『エストニア国立博物館』『アルサーニ・コレクション財団・美術館』『帝国ホテル東京・新本館』(2036年完成予定)など。主な受賞にフランス国外建築アワードグランプリ2021、フランス建築アカデミー新人アワード、エストニア文化基金賞グランプリ、ミース・ファン・デル・ローエ欧州アワード2017ノミネート、第67回芸術選奨文部科学大臣新人アワード、毎日デザインアワード2021など多数。著書に『TSUYOSHI TANE Archaeology of the Future』(TOTO出版)など。

『弘前れんが倉庫美術館-記憶を継承する建築-』書籍概要

仕様B5判変型:(240×175mm) / ソフトカバー / 256Pages
定価本体3,600円
発売日2022年7月14日

pwa