500を超えるオリジナル柄を収録したノルウェーの伝統ニット「セルブーミトン」の図案集

ノルウェーの伝統ニット セルブーミトン図案集 500を超えるモチーフと35のクラシックパターン』がグラフィック社より2023年12月に発売される。セルブーミトンはノルウェーで国民的に知られている2色の糸を使った編み込みミトン。その発展の歴史が失われぬようオリジナル柄をできるだけ多く収録することを目的に、著者のアンネ・ボーデュゴールが綿密な聞き取り調査を行い、500を超えるモチーフ(柄)の収録を実現したメモリーブックとなっている。

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-1

ミトンの写真と図案でセルブー柄を詳細解説

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-3

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-4

スターやローズといったセルブーミトンの代表的なモチーフに加え、手の平側に使う幾何学模様、カフや親指のマチ、ミトンの両サイドに使う連続柄も多数収録。実物のミトンの写真と図案で詳しく解説している。

実際に編める35の編み方図案つき

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-5

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-6

セルブーミトンの編み手たちのクラシックパターン全35作品を編み図とともに掲載。歴史を感じる古いミトンの再現作品から比較的編みやすい作品までを、ミトンが作られた背景や編み手にまつわるストーリーなどとともに紹介している。日本語版では、原書版(『SELBUVOTTER』2016年・ノルウェー刊)のシンプルな編み図に、編み目記号の説明や柄が挿入される箇所の補足を追加。巻末にはオリジナルミトンが作れる子供用チャート、女性用チャート、男性用チャートがついている。

セルブーミトンの歴史、編み手たちのストーリーなど、読み物としての魅力

adf-web-magazine-selbuvotter-design-book-2

編み物の実用的な専門書であるとともに、セルブーミトンの歴史や歴代の編み手たちの人生ドラマまで垣間見られる読み物としても秀逸。

著者 アンネ・ボーデュゴール

1966年生まれ。ノルウェーのベルゲンにある州立芸術工芸デザイン大学の織物研究所で学び、アーティスト/手芸家として活動。個展を数回開催し、ノルウェー国内外で数多くのグループ展に参加。作品は、ノルウェー美術産業博物館、文化評議会、王立病院、公共建築物芸術基金など、複数の機関にも購入されている。セルブーとトロンハイムで育ち、現在はクラーブ在住。

『ノルウェーの伝統ニット セルブーミトン図案集 500を超えるモチーフと35のクラシックパターン』書籍概要

著者アンネ・ボーデュゴール
発売日2023年12月
仕様A4変形 並製 総296頁
定価3,850円(10%税込)
ISBN978-4-7661-3757-6
URLhttps://tinyurl.com/3hd96fbh

pwa