「風土と素材の試行展〜りんごから生地へ〜」にてりんごから生まれた新しい素材「Adam」を公開

「文化を育てる会社」として青森県五所川原市を拠点に宿事業を展開するKOMORUが、プロダクトデザインを手掛けるM&Tと連携して立ち上げた「TSUGARU SOZAI CENTER」では、2021年の夏より、新しい素材の開発に取り組んでいる。このたび、協業の第一弾として、アップルジュースやシードル製作工程から出る廃棄予定のりんごの残渣を活用した、あたらしい素材「Adam(アダム)」の試作品が完成し、そのお披露目となる企画展「風土と素材の試行展」を、2022年8月19日(金)から21日(日)まで開催する。adf-web-magazine-adam-hirosaki-orando-komoru-1

津軽のあたらしい素材「Adam(アダム)」

「Adam(アダム)」はKOMORUとM&Tによる津軽の風土と素材の探求により生まれた新素材。りんごから生まれた素材であること、また今回のプロジェクトの始まりであること、そして神秘的なストーリーを宿す意味を込めて「Adam(アダム)」と名づけられた。りんごの残渣から生まれる再生素材は全世界でも現在作られているが、「Adam」は、津軽が持つ風土性を活かした独自の色合い等を大学とも連携をしながら研究をしている。adf-web-magazine-adam-hirosaki-orando-komoru-3

「風土と素材の試行展〜りんごから生地へ〜」について

今回制作をした「Adam」を展示する企画展「風土と素材の試行展〜りんごから生地へ〜」は、Hirosaki Orandoにて、2022年8月19日(金)から21(日)まで開催される。本展では”試行”をテーマとし、集まったメンバーが製作した素材実験、将来的な使用事例、青森県内で共同するメンバーとの対話などを多様なアプローチで展示する。また、津軽で見つかる多様な素材の可能性を探し、りんごから生み出す「Adam」だけでなく他の素材展示も同時に行う。会期中には、「大切にしたい津軽の風土と素材」をテーマにトークセッションも予定している。adf-web-magazine-adam-hirosaki-orando-komoru-2

トークセッション概要

日時:8月20日(土)14:00 – 15:30

  • 登壇者:辻本侑生 (弘前大学)、他2名
  • 司会進行:香田遼平、大島頌太郎(KOMORU)

日時:8月21日(日)14:00 – 15:30

  • 登壇者:浜田大豊 (生き活き市場専務取締役)、三上茜(りんご農家)、倉島拓人(M&T)
  • 司会進行:香田遼平、大島頌太郎(KOMORU)

adf-web-magazine-adam-hirosaki-orando-komoru-6

素材としての販売予定

adf-web-magazine-adam-hirosaki-orando-komoru-5

プロジェクト構想イメージ

「Adam」は2022年の秋にも東京で展示を予定しており、2023年での販売を目指し商品の制作を続けている。「TSUGARU SOZAI CENTER」は、今回の活動を一過性のあるものではなく、今後もその可能性を探り続け、あらたな素材の開発に力を注いでいく。

「風土と素材の試行展〜りんごから生地へ〜」開催概要

会期2022年8月19日(金)〜21日(日)
時間19日16:00~19:00 / 20日11:00〜19:00 / 21日11:00〜17:00
会場Hirosaki Orando(青森県弘前市)
URLhttps://komoru.co.jp/posts/_IhKTF29

pwa