中目黒 蔦屋書店×Think Square「ナカメグローベル賞」

中目黒のクリエイティブエンジンを標榜する中目黒 蔦屋書店と知的好奇心を満たす博物館Think Squareの企画・運営を行うThink Squares Project(東京都北区)は、両者で共創したプログラム「ナカメグローベル賞プログラム」を2020年7月末から約9カ月にわたり開催する。本プログラムは、研究手法を学ぶ3回のワークショップを経て、子供が自由研究を行い、その研究結果を大人が深掘りや事業化を目指す「子供の本気に大人も本気」をコンセプトとした科学発展への寄与を意図したイベント。

adf-web-magazine-think-squares-project

日本の科学環境が厳しい状況にあることが、ノーベル賞受賞者のコメントなどで見聞きすることが増えてきた昨今。これを改善すべく、Think Squares Projectでは、日常に科学をデザインすることで科学の魅力を事業化し、その収益を研究活動に投資するスキームの構築を目指し、最初のステップとして、期間限定の移動式“触る”博物館Think Squareやワークショップを通して、科学に興味を持つ層を広げてきた。

一方、中目黒 蔦屋書店は、中目黒という目黒川を中心とした自然や東急線高架下の好立地を生かし、様々なイベントや企画販売などを通じて、中目黒のクリエイティブエンジンとして活躍し、様々な影響を中目黒の街に与えてきた。

その両者が、社会課題とも言える日本の科学環境の改善とそこから生まれるクリエイティビティの発展に寄与すべく、平日平均約8千人が入店する集客力と特徴的な構造をもつ中目黒 蔦屋書店の「店舗」およびその企画・運営力と累計1,400人以上が来場した“触る”博物館Think Square、並びに300人以上が参加したワークショッププログラムで蓄積したThink Squares Projectの企画力・ノウハウを掛け合わせた「ナカメグローベル賞プロジェクト」を立ち上げた。これにより、科学の発展に寄与する新しい一歩を創出し、子供の研究から大人の研究・事業化につなげる中目黒を起点とした一連の流れを生み出していく。

ナカメグローベル賞 プログラム概要

adf-web-magazine-think-squares-project-1

  • プログラム名:ナカメグローベル賞プログラム
  • 主催:中目黒 蔦屋書店×Think Squares Project
  • 協力:株式会社 蔦屋書店
  • URL: https://store.tsite.jp/nakameguro/event/kids/14386-2010220615.html
  • 参加費・定員:各回 1,500円、6名
  • 開催場所:中目黒 蔦屋書店イベントスペース(東京都目黒区)
  • スケジュール
    7月4~5日、11~12日、18~19日:ワークショップ「研究テーマを身近なところで探そう」
    同時開催イベント「本で巡る、生き物を知る旅」
    8月1、2日:ワークショップ「自由研究をしよう」
    10月上旬:ナカメグローベル賞授賞式
    11月~翌年1月 毎週水曜日:「大人の研究・事業化夜活」

pwa