SABI by サビーナ・ブラジオッティ

ロンドンを拠点とするイタリアの建築デザインスタジオ、SABI by サビーナ・ブラジオッティは、日本の書道からインスパイアされた「Characters」というリビングルーム用家具のコレクションを発表した。コレクションはチェア、テーブル、コーヒーテーブル、食器棚、本棚、ソファ、鏡、ランプ、フォトフレーム、花瓶で構成され、それぞれの作品には独自の表現力がある。

adf-web-magazine-japanese-calligraphy-furniture-1

Photo credit: SABI by Sabina Blasiotti

ランプとミラーを除き、どの作品も彫刻とバーントシダーウッドで作られており、可動式ランプのヘッドとミラー仕上げに追加の金属が含まれている。彫刻された杉材は表面を焼くことで表面的な炭素の層ができ、木材のオイルや塗料と比較してより持続的な木材の保存が可能に。さらに、この炭化仕上げは書道の墨文字を連想させる黒い表情を家具に与えている。「Characters」は、熟練工の自己表現に取り組むことも目的とされ、オーダーメイドの彫刻を作る機会を提供している。そのことにより、それぞれの家具は作り手の気質や自信を目に見える形で作品に表現することができる。

adf-web-magazine-japanese-calligraphy-furniture-11

Photo credit: SABI by Sabina Blasiotti

adf-web-magazine-japanese-calligraphy-furniture-3

Photo credit: SABI by Sabina Blasiotti

サビーナ・ブラジオッティは、このリビングルーム・コレクションを、プライベートなリビングルームから店舗、オフィススペース、ホスピタリティ施設まで、さまざまな環境に対応する均整のとれた多面的なものであるとし、それぞれの「Characters」は単独でも、また他のコレクションの作品と組み合わせても、より大きな空間構成ができるように設計されている。

adf-web-magazine-japanese-calligraphy-furniture-8

Photo credit: SABI by Sabina Blasiotti

adf-web-magazine-japanese-calligraphy-furniture-7

Photo credit: SABI by Sabina Blasiotti

デザインと建築における自己表現の具現化は、私にとって非常に重要なことです。日本の書道は、書家がその時々に生きているように見える芸術的な作品を生み出す展覧会として魅了されてきました。同様に「Characters」も、その時々の個人的な表現として構想しました。それぞれの家具は、編集や修正を加えていないユニークなスケッチの後にデザインされることによって、家具は個性的であり、不完全であり、生活空間の中に生命と表情をもたらすものにしたかったのです。その結果、「Characters」は私にとっては身近な存在でありながら、他人でもあるような、独自の意識的な生命を持つようになりました。また、一日を通して、また季節を通して、光と影と戯れながら、予測不可能な存在なのです。

クリエイター サビーナ・ブラジオッティ

SABIについて

SABIはロンドンを拠点として国際的に活動する学際的な建築・デザインスタジオ。美学、錆、そして時間の物理的な具現化に関するもので、プロジェクトや製品が物理的に伝えるメッセージに深い関心を寄せている。


pwa