15人のトップクリエイターが考える「新しい答え」のつくりかたを収録した『ささるアイディア。』が発売

時代を動かす15人のクリエイターたちが語る「アイディアのつくりかた」をまとめた『ささるアイディア。』が、誠文堂新光社より2021年12月7日(火)に発売される。adf-web-magazine-seibundo-shinkosha-design-idea-creator-1

「正解がない」といわれ、「問い」が重視されるようになったいまの時代に、世の中を動かす企画を次々と生みだすクリエイターや事業家たちは、どうやってアイディアを考え、良し悪しを見きわめているのか。adf-web-magazine-seibundo-shinkosha-design-idea-creator-2

本書は、クリエイティブ書籍編集の第一人者として知られる編集家の松永 光弘が、第一線で活躍するトップクリエイター15人にインタビューし、その作法やノウハウ、哲学を収録した一冊となっている。adf-web-magazine-seibundo-shinkosha-design-idea-creator-3

この本には、

  • いまの時代にふさわしい発想の作法を学びたい。
  • ただアイディアを出すのではなく、「ささるアイディア」を出したい。
  • 課題や問いを見つける目線を学びたい。
  • 発想や思考の質を高めたい。

といった問題意識に応える手掛かりが示されている。企画やプランニングの仕事に携わっている人、クリエイター、クリエイターをめざす人、クリエイティブに仕事をしたい人、起業をめざす人に特にオススメの一冊だ。adf-web-magazine-seibundo-shinkosha-design-idea-creator-4

参加クリエイター

幅広い分野から、世界を股に掛けるトップクリエイターたちが参加している。

  • 水野 学(グッドデザインカンパニー)
  • 岩佐 十良(「自遊人」編集長)
  • 藤本 壮介(藤本壮介建築設計事務所)
  • 鳥羽 周作(sio)
  • 龍崎 翔子(L&Gグローバルビジネス)
  • 川村 真司(Whatever)
  • 伊藤 直樹(PARTY)
  • 齋藤 精一(パノラマティクス)
  • 三浦 崇宏(GO)
  • 篠原 誠(篠原誠事務所)
  • 川田 十夢(AR三兄弟)
  • 明石 ガクト(ONE MEDIA)
  • 佐藤 尚之(ファンベースカンパニー)
  • 佐渡島 庸平(コルク)
  • 柳澤 大輔(面白法人カヤック)

目次抜粋

  • はじめに
  • 第1章 アイディアの「意志」 水野学/川村真司/岩佐十良
  • 第2章 アイディアの「経験」 鳥羽周作/龍崎翔子/藤本壮介
  • 第3章 アイディアの「論理」 伊藤直樹/齋藤精一/三浦崇宏
  • 第4章 アイディアの「姿勢」 篠原誠/川田十夢/明石ガクト
  • 第5章 アイディアの「視点」 佐藤尚之/佐渡島庸平/柳澤大輔
  • おわりに

adf-web-magazine-seibundo-shinkosha-design-idea-creator-5

編集者 松永 光弘(まつなが・みつひろ)プロフィール

「編集を世の中に生かす」をテーマにさまざまな活動に取り組む編集家。出版だけでなく、ブランディングや広報、研修・セミナー、地域課題の解決、社会人向けスクールのプロデュースなどに携わるほか、顧問編集者としてロボットベンチャーをはじめとした企業のサポートにもあたっている。広告やデザインを中心に、20年近くにわたって日本を代表するクリエイターたちの書籍を数多く手がけており、クリエイティブ書籍編集の第一人者としても知られる。企画編集した書籍は、『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』(水野学)、『広告コピーってこう書くんだ!読本』(谷山雅計)、『ひとつ上のプレゼン。』シリーズ(眞木準ほか)、『しかけ人たちの企画術』(小山薫堂ほか)、『新訳「ドラえもん」』(藤子F不二雄)など多数。「地域の新しい伝えかた学校」編集アドバイザー。編集者の全国ネットワーク「JAPAN EDITOR'S LABO」顧問。自著に『「アタマのやわらかさ」の原理。クリエイティブな人たちは実は編集している』がある。

『ささるアイディア。』書籍概要

編集松永 光弘
仕様四六判、256頁
定価1,760円(税込)
発売日2021年12月7日(火)
ISBN978-4-416-52178-6

sdgs