環境をテーマにした「246st.MARKET」が日本空間デザイン賞に今期新設の「サステナブル空間賞」

ワールドスペースソリューションズは、ワールドが2019年から手掛けるポップアップ型ストア「246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)」において、日本空間デザイン賞2021「サステナブル空間賞」を受賞した。この賞は“人々にとってより良く持続可能な未来の実現に貢献する”作品を対象に選考されるもので、今期新設の賞となる。

adf-web-magazine-world-246stmarket-kukan-design-award-2021-sustainable-space-1.jpg

246st.MARKET(ニイヨンロク ストリートマーケット)

昨今増えている“ポップアップ催事”では、使用後の什器が廃棄されることが多く、そのことによる環境への負荷を「課題」と捉えていたワールド。環境負荷の軽減という観点で「繰り返し使える」「持ち運べる」というキーワードと、制作過程において無駄な端材が出ないサステナブルな仕組みを持つ什器デザインを建築家 百枝優に依頼した。制作過程において端材の少ない「寸法」と、商品を包む多様な形状を生み出す5つの「角度」を用いて組み合わせた什器は、棚を差し込むことで自立する構造になっており、極力金属を使用せずに仕上げられる。複数の形と高さを組み合わせることで自在に売場が構成でき、来場者とのコミュニケーションを創出しつつも、空間全体をサステナブルな空間で包む。

adf-web-magazine-world-246stmarket-kukan-design-award-2021-sustainable-space-2.jpg

左)ワールド北青山ビル 青山通りからのファサード
右)可変式でレイアウトが自在な什器(ニュウマン横浜)

246st.MARKETについて

ワールドが2019年から手掛けるPOP-UP型ストアで、ファッションの発信地として時代を築いてきた青山通り(246)に位置するワールド北青山ビルを拠点に、様々なデザイナーやクリエイター(作り手)と生活者をつなぎ、未来を創造するプロジェクト。サステナブルな視点を持つファッション、コスメ、雑貨、アートまでワールドがキュレーションをしたブランドを取り揃え、可変式の什器に商品を配置しながら、デザイナーやクリエイターが直接来場者販売する。

百枝優/YU Momoedaプロフィール

百枝優建築設計事務所主宰。九州大学非常勤講師。2009年横浜国立大学大学院 / 建築都市スクール Y-GSA 修了。隈研吾建築都市設計事務所勤務の後、2014 年百枝優建築設計事務所を設立。主な作品に「Agri Chapel」「Four Funeral Houses」「Farewell Platform」など。主な受賞歴にAR Emerging Architecture Awards準大賞、Leaf Awards準大賞、日本建築学会作品選集新人賞、芦原義信賞、DFA Design For Asia Awards 大賞がある。


pwa