新刊書籍『都市と建築のブログ 総覧』

フォーラムエイトは、福田知弘(大阪大学大学院准教授・工学博士)による新刊書籍『都市と建築のブログ 総覧』を2020年11月に刊行した。本書籍はフォーラムエイトの広報誌Up&Comingで2009年から続く人気コラム「都市と建築のブログ」の連載 50回を記念して企画された。著者の福田知弘が実際に訪れた国内外50地域の都市・建築体験の記録と併せて、地域に根差したまちづくりに携わる専門家の特別寄稿やプロジェクトノートも収録し、多様な側面から自由自在に街を楽しむための示唆に富んでいる。

adf-web-magazine-city-and-architecture-blog

豊富な写真に彩られた50本のコラムでは、日本国内14、アジア13、オセアニア4、中東1、欧州12、北米3、南米3の地域を扱っており、環境設計情報学を専門とする著者の視点を通して、都市・建築・ランドスケープ、食文化や習俗、その土地で暮らす人々との交流が綴られている。また、出版に合わせてリニューアルされた特設サイトでは、書籍に掲載された各都市の3DVRモデリングデータを公開しており、古今東西のデジタルシティを通してVRの進化と変遷が楽しめることも特徴となっている。

福田知弘 プロフィール

1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学准教授、博士(工学)。環境設計情報学が専門。CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research In Asia)国際学会フェロー、日本建築学会情報システム技術委員会幹事、NPO法人もうひとつの旅クラブ理事など。著書に、都市と建築のブログ 総覧(単著)、VRプレゼンテーションと新しい街づくり(共著)、夢のVR世紀(監修)など。

『都市と建築のブログ 総覧』情報

監修・執筆福田知弘(大阪大学大学院准教授・工学博士)
出版フォーラムエイトパブリッシング
発売日2020年11月18日
体裁
B5正寸・4色・254頁
本体価格
2,500円+税