若手アーティストの登竜門として2020年7月から作品募集を開始、受賞・入選作品展を国立新美術館で開催

出光興産は、次世代を担う若手アーティストの発掘・育成を目的とする「シェル美術賞2020」の募集を2020年7月から開始する。「シェル美術賞」は、40歳までの若手アーティストを対象とする公募展で、1956年にスタートし今年で創設64年目を迎える。「シェル美術賞2020」は、コンテンポラリー・アートのフィールドで活躍する学芸員、作家など、新任3名を含む、計5名の審査員による多彩な視点で審査を行う。

adf-web-magazine-shell-art-award

シェル美術賞2020 ビジュアルイメージ

シェル美術賞2020 概要

アワード名シェル美術賞2020
応募資格日本在住で2020年3月31日時点40歳以下の方
※誕生日が1979年4月1日以降の方
※応募時、年齢、在学を確認できる証明書等のコピーを要添付
募集作品・平面作品でワイヤーによる壁面展示が可能なもの
・2018年以降に制作された新作で、他の公募展等で入選していない作品
・サイズ=162.0cm×162.0cm(S100号)以内
・厚さ、重量=15cm、30kg以内
出品料1点 = 7,000円(6,000円)
2点 = 11,000円(9,000円)
3点 = 14,000円(11,000円)
※出品は1人3点まで(専門学校・大学・大学院生は括弧内の割引料金)
※高校生は無料、ただし出品は1人1点に限る。
申込期間2020年7月1日(水)~ 8月28日(金) 必着
作品搬入2020年9月19日(土)~ 9月20日(日)
展覧会2020年12月9日(水)~ 12月21日(月) ※12月15日(火)休館
国立新美術館 展示室1B
URLhttps://bit.ly/3bGVGzm
学生支援企画①学生特別賞を設定、②出品料割引、③展覧会入場料無料
備考新型コロナウイルスの感染拡大等により、内容が変更、中止になる場合があります。
応募に際しては、事前にWebで最新情報をご確認下さい。

審査員

今回の審査員は、下記の5名。

  • 木村絵理子 (横浜美術館主任学芸員)※新任
  • 角奈緒子 (広島市現代美術館学芸員)
  • 中井康之 (国立国際美術館特定研究員)
  • 鷲田めるろ (十和田市現代美術館館長) ※新任
  • 大庭大介 (画家、シェル美術賞2003入選作家)※新任

審査員プロフィール

木村絵理子(Eriko Kimura)

横浜美術館主任学芸員、ヨコハマトリエンナーレ2020企画統括。
現代美術の展覧会を中心に企画。近年の主な展覧会に、”Hanran: 20th-Century Japanese Photography”(ナショナル・ギャラリー・オブ・カナダ、2019‐2020年)「昭和の肖像―写真で辿る『昭和』の人と歴史」展(アーツ前橋、2018年)他。横浜美術館の企画に「BODY/PLAY/POLITICS」展(2016年)、奈良美智展(2012年)、高嶺格展(2011年)、束芋展(2009‐10年)、金氏徹平展(2009年)、GOTH –ゴス–(2007‐08年)など。

角奈緒子(Naoko Sumi)

広島市生まれ。2005年、成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻修士課程修了(西洋美術史)。2006年より広島市現代美術館にて勤務。これまで企画した主な展覧会は、「金氏徹平展 splash & flake」(2007)、「西野達展 比治山詣で」(2007)、「この素晴らしき世界:アジアの現代美術から見る世界の今」(2011-12)、「俯瞰の世界図」(2015)、「世界が妙だ! 立石大河亞+横山裕一の漫画と絵画」(2016-17)、「松江泰治|地名事典」(2018)など。

中井康之 (Yasuyuki Nakai)

1959年東京都生まれ。1990年京都市立芸術大学大学院修士課程修了。同年西宮市大谷記念美術館に学芸員として勤務。1999年より国立国際美術館に勤務。主な企画展に「美術館の遠足(藤本由紀夫展)」(1997)、「パンリアル創世紀展」(1998)、「もの派-再考」(2005)、「アヴァンギャルド・チャイナ-〈中国当代美術〉二十年」(2008)、「世界制作の方法」(2011) 、「フィオナ・タン-まなざしの詩学」(2014-15)、「クリスチャン・ボルタンスキー-Lifetime」(2019-20)、「インポッシブル・アーキテクチャー」(2019-20)等(共同企画含む)。他、2005年第11回インド・トリエンナーレ展日本側コミッショナー、2013年「楽園創造(パラダイス)-芸術と日常の新地平-」(αMギャラリー)企画担当。主な論考に「日本に於いて絵画を制作すること」(第11回インド・トリエンナーレ展)、「“Qualia in Ephemera(儚さの美学)”」『City_net Asia 2005』カタログ、「もの派―再考」『もの派―再考』展カタログ2005年、「1970年代における個と集団の論理」『日本の20世紀芸術』平凡社2014年、「メタボリズムの誕生とアジアへの敷衍」『インポッシブル・アーキテクチャー』展図録(2019年2月6日)平凡社、「クリスチャン・ボルタンスキーと神話」『クリスチャン・ボルタンスキー - Lifetime』展図録(2019年2月8日)水声社、等。現在、ウェブマガジンartscapeに「学芸員レポート」を寄稿。

鷲田めるろ (Meruro Washida)

1973年京都市生まれ、十和田市在住。東京大学大学院修士修了。金沢21世紀美術館キュレーターを経て、2020年十和田市現代美術館館長就任。第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーター(2017年)。あいちトリエンナーレ2019キュレーター。

大庭大介(Daisuke Ohba)

1981年静岡県生まれ。画家。京都造形芸術大学大学院准教授。2007年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画研究分野修了。「関係、偶然性、光、次元、行為」をテーマに、特殊な絵具や様々な道具、独自な方法論をもとに絵画を多角的に展開させる。近年の主な展示に、2019「INTERPRETATIONS, TOKYO ―17世紀絵画が誘う現代の表現」原美術館(東京)、2019「大庭大介 個展」ガトーフェスタハラダ本社工場ギャラリー(高崎)、2018「The Ubiquity of Borders: Japanese Contemporary」Gallery Baton(韓国)、2017「大庭大介・個展」SCAI THE BATHHOUSE(東京)、2016「THE ECHO」高崎シティギャラリー(高崎)、2015「白の表現力~現代のコレクションから~」静岡県立美術館(静岡)、2014「NATURES DUET:SELECTED WORKS BY JORGE MAYET & DAISUKE OHBA」FARJAM FOUNDATION(ドバイ)、2013「The Islands of the Day Before」開渡美術館・KdMoFA(台北)、2012「超群島 -ライト・オブ・サイレンス」青森県立美術館 (青森)、2011「The Light Field」大和日英基金(ロンドン)など、国内外で個展、グループ展、国際アートフェアにて発表している。