デザイン、アート、建築、文学、ファッションなどのクリエイティビティを紹介する雑誌「Pen(ペン)」およびPen公式サイト「Pen Online」によるアワード

Penはその一年で最も活躍したアーティストやクリエイティブディレクター、俳優などクリエイターを顕彰する「Penクリエイター・アワード」を2017年に創設。5回目の開催となる2021年度のアワードでは新しい才能をより多く発見し広く人々に伝えていく。審査対象者・作品は、Pen編集部によるリサーチ、審査員の推薦に加えて、プロフェッショナル・学生を問わず、さまざまなクリエイターからの一般応募の受付も実施し、デザインやアイデア、プロジェクトを募る。アワード応募の受付は2021年8月31日までとなる。

pen-creator-awards-2021

2021年は外部審査員として、川上典李子(ジャーナリスト、21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター)、林千晶(ロフトワーク共同創業者 取締役会長)、原野守弘(クリエイティブディレクター)、藤本壮介(建築家)、真鍋大度(ライゾマティクス・ファウンダー、アーティスト)を迎え、Pen編集部と5名の審査員がアワード審査を行う。

Penクリエイター・アワード2021のテーマは「よりよい未来のために」

「よりよい未来のために」、クリエイティブな力で何ができるだろう? その答えとなるようなデザイン、アイデア、プロジェクトを募集。多くの人々に役立つプロダクト、新しいコミュニケーションを生み出す建築、圧倒的な表現の力をもって心を動かすアートなど、完成された作品・プロトタイプ・プロジェクトのほか、社会問題解決のためのアイデアなど、世の中にイノベーションを起こしうる発想も募集する。優れた作品は、『Pen』11月27日発売の特集「Penクリエイター・アワード2021」誌上あるいはPen Online特設ページなどで紹介する。


pwa