CBDX: BORDERLANDSは、政治的、地理的、社会的、その他の境界にフォーカス

カルガリー大学建築・ランドスケープ計画学部(SAPL)は、第2回国際デザインアイデアコンペティションを開始した。テーマは、デザイナーはどのようにしてボーダーに介入できるか?

ボーダーは移行のスペースとなる。政治的なものであれ、地理的なものであれ、ボーダーは文明の最大の課題と結びついている。このような過渡的な空間をどのように演出し、交差させるかによって、我々の優先順位が明らかになる。

adf-web-magazine-cbdx-borderlands-design-award

このコンペティションでは、参加者は、ボーダーに潜む機会、課題、複雑さを考え、新しいパラダイムを提案することが求められる。参加者は、あらゆる種類のボーダーを選択し、プログラム上の機会に生じる摩擦を定義し、そのボーダーに影響を受けたり、影響を与えたり、近接しているエージェント(人間またはその他のもの)に影響を与えるデザインを提案する。

adf-web-magazine-_v2com_calgary2 adf-web-magazine-_v2com_calgary3 adf-web-magazine-_v2com_calgary4.jpeg

世界的なコロナのパンデミック、人種間の対立、地政学的紛争、気候変動など、過去1年間に起こった様々な危機は、社会の課題と脆弱性に明確にフォーカスを当てること必要としている。

本コンペティションは、6,000カナダドルの賞金が提供され、応募の締め切りは2021年6月21日となる。 結果は国際的かつ学際的な審査員が、2021年9月8日に受賞作品を発表する。

CBDXについて

CBDX(City Building Design Experiments and Exhibitions)は、カルガリー大学の建築・ランドスケープ計画学部による取り組み。CBDXの目標は、明日の大きな問題に共同で取り組み、変化を起こし、新しいアイデアを育み、イノベーションを披露することであり、これは都市建築の未来でもある。CBDXでは、国際的なデザイン・アイデア・コンペティションを通じて毎年2つのテーマを取り上げ、年2回の展示会と年1回の出版物を発行している。 


pwa