デザイン・品質を担保しながらコストを抑えた建売住宅「corso」

カーサ・プロジェクトは、デザインと品質を担保しながらもコストを抑えた分譲向け規格住宅「corso(コルソ)」を発表。カーサキューブをはじめとした、デザインを追求する規格住宅「casaの家」で培ったノウハウを活かし、デザイン・性能・価格のすべてを満たす建売住宅をめざし企画された。参考としたのは、著名な建築家ル・コルビュジェの傑作といわれるロンシャンの礼拝堂。ランダムに並べられた窓の外観が特徴。2021年春の本リリースを前に、2021年2月下旬には兵庫県にて披露会を実施予定。adf-web-magazine-corso-le-corbusier-1

テレワークの必要性に迫られる中、賃貸住宅では「狭い」「部屋がない」などの不満点が顕在化している現状。また、一過性ではない、郊外への持ち家検討層も増えてきている。そこで、いち早い引越しを考える検討者の選択肢として、建売住宅が浮上している。「corso」は本体価格1,280万円(税別)。規格住宅「casaの家」と比較すると、最低でも300万円リーズナブルな販売価格となっている。コストを抑えながらも、建築家とともにデザインや性能への訴求を貫いた。adf-web-magazine-corso-le-corbusier-4adf-web-magazine-corso-le-corbusier-5

建築家とこだわり抜いたデザイン

「corso」最大の特徴は、ランダムに配置された窓。アイデアの発端は、建築家ル・コルビュジェのロンシャンの礼拝堂。規則性があるところに敢えてノイズを与えることで崩したような見せ方をする、日本の芸術文化“守破離”という思想に基づいている。adf-web-magazine-corso-le-corbusier-3

adf-web-magazine-corso-le-corbusier-2

“リビングに座った時には、この位置にこの窓が来るように”とひとつひとつ考えられた窓からは、暮らしの時間の流れによって入る陽差しの色合いが変わり、暮らしにさまざまな表情を与える。

 

間取り

変わりゆくコロナ禍の時代に即し、2Fはカスタマイズできるよう自由度を持たせた間取りに。主寝室以外の壁は上部が抜けているため、子供部屋や書斎など、暮らす人の用途に合わせた使い方が可能。用途が固定されがちである一般的な建売住宅からの脱却として持たせた可変性は、建売住宅としても新たな試み。adf-web-magazine-corso-le-corbusier-6adf-web-magazine-corso-le-corbusier-8

「corso」こだわりのデザインについて建築家と開発者が語るインタビュー「めざしたのはコルビュジェの傑作。建売住宅にデザインを追求した開発者たちの奮闘」を公開中。


pwa