GINZA Sustainability Projectが資生堂銀座オフィスのウィンドウアートを起点に展開

体験価値の創造を通じて、企業のコミュニケーションをデザインする博展資生堂とともに資生堂銀座オフィスのウィンドウアートを起点に、銀座の生態を様々な視点から可視化させ、サステナビリティな社会について考えるプロジェクトSHISEIDO×HAKUTEN「銀座の生態からサステナビリティを考える」を展開している。コロナが多くの経済活動に制約を与えた一方で、2020年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量は前年と比べ5.8%程減る(国際エネルギー機関発表)など、ポジティブな一面もあった。この事実はコロナ後の社会のあり方に対するパラダイム転換のチャンスとなるかもしれない。本プロジェクトは、資生堂創業の地であり、博展本社のある"銀座"という街の身近な生態の循環に目を向け、未来へのヒントを見つけていく目的で、資生堂 銀座オフィスのウィンドウアートを通じて銀座の生態についての情報を発信していく。

adf-web-magazine-shiseido-hakuten-ginza-sustainability-project-1.jpg

銀座生態図 GINZA ASSEMBLAGE MAP

ウィンドウアートでは「前期」「中期」「後期」の3つのフェーズで構成し、年間を通じて銀座の生態を様々な視点から観察し、採集物の立体コラージュ(ASSEMBLAGE)を展開する。前期では、銀座の街のフィールドワークや生態調査を通じて発見した銀座に生息する植物(街路樹 / 野良花等)や生物に着目する。

adf-web-magazine-shiseido-hakuten-ginza-sustainability-project-2.jpg

銀座生態図 GINZA ASSEMBLAGE MAP

実際に街で採集した植物や花を転写・ドライ化。葉脈の特徴を浮かび上がらせたほか、バードカービングによる鳥の彫刻や、街で発見した植物の生え方など様々なクラフトワークを組み合わせ、まるで生きているかのような生態の姿が展示されている。

adf-web-magazine-shiseido-hakuten-ginza-sustainability-project-4.png

実際の調査資料(一部

一つ一つの展示に、採取した場所、銀座の歴史との関係、などが掛け合わせて表現され、様々な銀座のストーリーも知ることができる。

adf-web-magazine-shiseido-hakuten-ginza-sustainability-project-3.jpg

)STORY- 詳細(一部抜粋)

ウィンドウアートの背面にはフィールドワークの軌跡も展示され、制作のベースとなったリサーチフォトや生態調査資料、ウィンドウを製作する過程で検証した植物の染め和紙、採集した樹木や花の小瓶などを自由に手にとり、観察できるようになっている。

前期:銀座生態図 GINZA ASSEMBLAGE MAP概要

展示期間2021年4月から2021年8月下旬まで
展示場所資生堂 銀座オフィス(東京都中央区銀座7−5−5)

pwa